アプリに音楽プレイヤー機能も追加

au、9月以降にハイレゾ配信開始。「うたパス」リニューアルで機能拡充

編集部:小野佳希
2016年08月03日
KDDIは、auスマートフォン向け音楽サービス「うたパス」をリニューアル。ハイレゾ配信を開始するほか、無料音楽プレーヤー機能や、ミュージックストア機能を統合する。


Android/iOSの「うたパス」アプリを本日8月3日よりアップデートして機能拡充。なおハイレゾ配信は9月以降の開始を予定しており、取り扱うコンテンツのファイル形式や価格などの詳細は現時点では未定。

「うたパス」は、月額300円のauスマートフォン向け定額制音楽配信サービス。今回のリニューアルでは、従来の「うたパス」機能に、「LISMO」として提供している無料音楽プレーヤー機能や、ミュージックストア機能を統合。定額制音楽配信サービスの利用と、スマートフォンに保存した音楽の再生、楽曲の購入を、1つのアプリで楽しむことができるようになる。

音楽プレーヤー機能では楽曲に合せて歌詞をカラオケのように表示することも可能。「うたパス」自体は上記のように月額300円の有料サービスだが、音楽プレーヤー機能のみであれば無料で利用できる。なお、今回のリニューアルに伴い「LISMO」関連サービスの名称は順次変更し、「うたパス」に統合していく。

新しい「うたパス」では、アーティストの音楽ライブの先行予約や招待、ライブ特集チャンネルによるライブ楽曲の事前チェックやセットリスト情報も提供。「スマートフォンでの音楽視聴に留まらず、リアルのライブ体験までを含めた、音楽ライフ全体のサポートを行っていく」としている。

そのほか、リニューアルを記念し、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」主題歌である宇多田ヒカル「花束を君に (ドラマオープニングVer.)」を、2016年8月3日より無料ダウンロード配信。うたパスミュージックストア対応のスマートフォンで楽曲を無料ダウンロードできるようにする。なお、本キャンペーン期間中にダウンロードされた楽曲数に応じてKDDIが支払う楽曲使用料の一部は「平成28年熊本地震災害義援金」に寄付される。

関連リンク

関連記事