価格はどちらも4,610円

Google「Chromecast Audio」と「Chromecast」丸型新モデルが日本発売

編集部:風間雄介
2016年02月18日
Google(株)は、テレビ向け端末「Chromecast」の新モデルと、オーディオ専用端末「Chromecast Audio」を本日2月18日に発売する。価格はいずれも4,610円(税抜)。

右端がChromecast audio、左3つが新Chromecast

「Chromecast」はテレビのHDMI端子に直接接続することで、スマホやタブレットなどのコンテンツをテレビで楽しめる端末。これまではスティック型だったが、新たに丸型のデザインに変更された。昨年9月にアメリカで発売されたが、日本では旧モデルの販売が継続されていた。

「Chromecast Audio」は、新Chromecastとほぼ同デザインのオーディオストリーミング端末で、ハイレゾにも対応しており、96KHz/24bitまでのロスレスオーディオの再生が可能。また複数端末を連動させ、マルチルーム再生を行うこともできる。

Chromecast audio

3.5mmステレオミニ/光デジタル兼用端子を装備

Chromecast Audio本体をスピーカーなどの機器に接続し、同一Wi-Fi内にあるスマホやPCなどの音声再生画面からキャストボタンをタップすることで、デバイスから簡単に音声のストリーミング再生が行える。音声出力端子には3.5mmステレオミニ/光デジタルを装備している。 当サイトでは、米国で試用した本機のレビュー記事を掲載している。

関連記事