'15年内で製品販売終了

太陽誘電、光ディスク事業から撤退

編集部:杉浦 みな子
2015年06月11日

太陽誘電(株)は、記録製品事業から撤退することを発表した。2015年12月末をもって記録製品の販売を終了する予定としている。

同社では1988年のCD-R開発以来、CD-R/DVD-R/BD-R等の光記録メディアを事業のひとつとして推進してきた。今回の事業撤退については「HDDの大容量化やクラウドコンピューティングの普及に伴い、光記録メディア製品市場が縮小を続けていること」などを背景として、「想定を超える市場の縮小、原材料価格の高騰等の影響により、さらなる収益改善は困難な状況であると判断した」と説明している。

今後は電子部品、特に同社が成長戦略の要としているスーパーハイエンド商品に経営資源を集中して事業構造を変革し、収益体質の改善に取り組む。今回の事業撤退に伴う業績への影響については、現時点で軽微なものと同社では予想している。

また、太陽誘電とソニーが設立した(株)スタート・ラボからも、同社が取り扱うThat'sブランドの光ディスク製品の営業を終了することが正式に発表された。調達業務は2015年12月末、販売業務は2016年3月末でそれぞれ終了予定としている。「お客様ご相談センター」については、一定期間窓口業務を継続するとのこと。

なお、ビクターアドバンストメディア(株)からも、親会社である太陽誘電の方針にもとづき、同社ならびに子会社の事業撤退を決定したとの発表が同時に行われている。

関連記事