抵抗を交換できるモデルも

カナルワークス、3ウェイ8ドライバーのカスタムIEM「CW-L71」

ファイル・ウェブ編集部
2014年06月23日
カナルワークス(株)は、カスタムIEMの新モデルとして「CW-L71」を6月28日に受注開始する。価格は140,000円(税抜)で、耳型採取費用が別途必要。生産は8月からとなる見込み。

「CW-L71」

本体色は21色から選択可能。また費用は別途必要となるが、リアルカーボンプレートやメタルプレート、ラインストーン、オリジナルエンブレム製作、プリントアートワーク等、豊富なオプションも用意されている。

またオプションとして、調整用の抵抗部品を本体外側から交換できるようにし、音質を好みのものに調整できる「PSTS」(パーソナル・サウンド・チューニング・システム)を搭載した「CW-L71PSTS」も用意。同じく6月28日から受注を開始する。価格は標準モデルに比べ1万円高い150,000円(税抜)。

抵抗を交換できるモデルも用意

これまで同社は、国産カスタムIEMメーカーとして、フルレンジシングルドライバー機から3ウェイ6ドライバーモデルまでをラインナップしてきた。

今回、既存の3ウェイ6ドライバー機「CW-L51a」をベースに、さらなる高解像度化を行った。L51aは低域、中域、高域に各2基のBAドライバーを搭載していたが、今回のL71では高域に4基のBAドライバーを投入。計8ドライバーとした。

ドライバー自体にもこだわり、低域にはオープンベントタイプの超高感度ドライバーを採用。高域用ドライバーの面積は、同社従来機の約半分で、「クリスピーなサウンドを再現する」(同社)という。インピーダンスは20Ωで、感度は109dB。

ケーブルはコネクター方式での接続で、断線した場合もケーブル交換が可能。ケーブルのコネクターに近い部分は形状記憶合金が用いられ、耳へのフィット感を高めた。ケーブル長は127cmと162cm、カラーはクリアとブラックから選択できる。

ケーブルの交換も可能だ

さらにオプションとして、極細ながら耐久性に優れ、銀コート処理を施すなど音質にも配慮した「ステルスケーブル」も用意されている。

標準ケーブル

ステルスケーブル

なお、PSTSモデルの調整可能範囲(@80Hz)は、+12dBから-4dBの11ステップとなる。

ハードケース、ソフトケース、ワックスクリーニングツール、クリーニングクロスを付属する。

同梱物


関連リンク

関連記事