本体を軽量・コンパクト化

ソニー、第2世代ヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T2」を国内発売 ー イヤホン着脱に対応し装着性も向上

ファイル・ウェブ編集部
2012年09月11日
ソニーは3Dヘッドマウントディスプレイの第2世代モデルとなる「HMZ-T2」を10月13日に発売する。価格はオープンだが7万円前後での販売が予想される。


HMZ-T2
製品は頭部に装着するヘッドマウントディスプレイ(以下 HMD)と、映像処理部と入出力端子を備えたプロセッサーユニットの2ピース構成。


ヘッドマウントディスプレイ部

プロセッサー部
パネルは前機種の「HMZ-T1」(関連ニュース)と同じく、ソニーの独自開発による0.7インチ/1280×720画素のワイド有機ELパネルを左右に1枚ずつ搭載。視野角は約45度。仮想視聴距離約20mで約750インチ相当の大画面視聴体験が得られ、3D/2D映像の視聴が楽しめる。


0.7インチ、1,280×720ドットのソニー製有機ELパネルを採用

視野角45度を実現する光学レンズユニット
なおパネル自体は同じものだが、チューニングを施すことで画質を高めた。具体的には、色変換のマトリクスを変更。14bitリニアRGB 3×3の変換マトリックスエンジンを使うことで、有機ELパネルが持つ色再現性を引き出した。また画質モードを考慮したきめ細やかな色づくりを可能にしている。さらにレンズの光学特性に合わせた新エンハンスフィルターを開発し、それに合わせたパネル出力を行うことで、ディテールの表現能力も向上させた。デフォーカス部分は強調せず、精細感重視でフルHDの印象を追求。平面拘束の少ないHMDの特性を活かしながら、立体感の高い映像を再現する。

前機種のT1がHMD部に固定式のオープンエア ダイナミック型ヘッドホンを採用していたのに対して、本機ではユニットの左内側にステレオミニ出力端子を備え、ユーザーが自由にヘッドホンやイヤホンを選んで使えるようになった。商品パッケージにはソニーのイヤホン「MDR-EX300SL」のスペックに相当するという、新開発13.5mm口径ドライバーユニットを搭載したカナル型イヤホンも付属する。再生周波数帯域は5Hz〜24kHz、インピーダンスは16Ω、感度は105dB/mW。


付属のカナル型イヤホン

MDR-EX300相当の性能を備えたという
音声フォーマットは従来からのリニアPCMに加えて、ドルビー/AACの信号入力にも対応。ソニー独自のアルゴリズムによるバーチャルサラウンド再生機能も搭載する。サウンドモードはインナーヤーとオーバーヘッドの2種類を設けて、バーチャルサラウンド再生を装着するヘッドホン/イヤホンのタイプごとに最適な音響で楽しめる。


本体左内側にヘッドホン端子を搭載
サラウンドモードはシネマ/ゲーム/ミュージック/スタンダードと切(2ch)の4種類を前機種同様に搭載する。

イヤホンが着脱できるようになったことで、映像は本機で楽しみながら、サウンドはホームシアタースピーカーやサラウンドヘッドホンを別途用意して楽しむといった使い方も、より簡単にできるようになった。

映像の面では画質モードに新しく「ゲーム」を加えた、「ダイナミック/シネマ/スタンダード/カスタム」の計5種類を搭載。映画のフィルム映像など、24pソースを再生する際に動きを最適に再現する「24p True Cinema」モードが本機から採用された。有機ELパネルの発光制御を1コマあたり通常の90%から50%程度にコントロールして、光が及ぼす残像感を低減させることで、スポーツやアクション、レーシング系など動きの激しいゲーム映像もボヤケを少なくリアルに再現する「パネルドライブモード」も搭載した。

このほか「色温度ナチュラル調整」の機能も新設した。映像を自動で最適な色温度に調節して、色温度に順応するという人間の視覚特性を活かすことで視聴時の負担感を軽減する効果がある。モードは「ナチュラル/高/中/低1/低2」から選ぶことができ、ナチュラルに設定時には、「画質モード」に従って、自動で人間の目の特性に最適な色温度に調整する。


左が前モデルのHMZ-T1。サイズがコンパクトになったほか、固定式のイヤホン部がなくなって全体がスッキリとした
本体はT1の420gに対して、T2では330gと、全体で90g(約24%)軽量化している。HMD部の大きさも、従来の210W×126H×257Dmmから、187W×104H×254Dmmと小型化され、固定式のヘッドホンが無くなったぶん、デザインは見た目にもすっきりとした。

HMD部は映像視聴時の没入感をより高めるため、装着性の向上にも工夫が凝らされた。視聴時に額を支える「ヘッドパッド」は横幅を広くして、頭部にかかる圧を分散化。パッドの素材もより強いグリップ感が得られるものに変更している。さらにヘッドパッドの位置も、前後に4段階でポジションを変更でき、鼻へのフィット感やピント調整がより簡易に行える。これによってメガネをかけたままでも、本機を装着しやすくなっている。また、スクリーン位置の目幅調整は左右独立で5段階調整ができるようになった。


ヘッドパッドは4段階で位置調整が可能

ヘッドパッドはワイド化されたほか、着け心地の良い素材に変更している
光の侵入を防ぐライトシールドは、これまで目の下側だけに装着していたが、上側にもシールドを追加した。また下側のシールドも遮光性能が高められる形状に変更している。

頭部後方を支えるバンドも改良を加えている。ユーザーが頭に装着しながらでもバンドが調整しやすいよう、左右のバンドが装着時にリリースされない、組み込み式に変更。後頭部の上下2本のバンドでフィット感を調節できる。


装着時に頭部後方に回すヘッドバンドは組み込み式を採用
HMD部に搭載する操作ボタンはハンドリングしやすいように音量調整ボタンを独立配置するなど、レイアウトを見直している。


HMD部搭載のボタンは音量調整ボタンを独立配置するなど、レイアウトを見直した
プロセッサーユニットには、サイズや外観の点も含めて仕様に大きな変更は加えられていない。T1同様に2D/3D変換機能は搭載していない。

HMD部には専用の3.5m長のケーブルで接続し、給電と映像・音声信号の伝送を1本でまかなう。HMD側のケーブルは固定されている。HDMIの入出力を1系統ずつ備え、入力した映像をHMD部だけでなく、外部のディスプレイ機器へスルー出力することも可能。プロセッサーユニットへの電源供給は、電源ケーブルにより行うかたちになる。

プロセッサー部の背面

【問い合わせ先】
ソニーマーケティング(株) 買い物相談窓口
TEL/0120-777-886

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドSONY
  • 型番HMZ-T2
  • 発売日2012年10月13日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格70,000円前後)
【SPEC】●ディスプレイ:有機ELパネル×2/1280×720 ●視野角:約45度/750インチ(仮想視聴距離約20m) ●消費電力:15W ●ケーブル長:3.5m ●質量:約330g(ヘッドマウント)、約600g(プロセッサー)

関連記事