製品に同梱するDVDがホームシアターファイルの付録に!

AVライター野村ケンジ氏がSpyder4TV HDを体験! ー 「ホームシアターファイル」に記事掲載&付属ディスクも!

ホームシアターファイル編集部
2012年08月31日
「Spyder4」シリーズは、Datacolor社がリリースするモニターキャリブレーションツール。測光センサーとPC(Windows/Mac両対応)用ソフトなどがセットされており、これひとつでかなり精密な画像調整が行える。今回ご紹介する「Spyder4TV HD」は、そのHD対応バージョン。明るさやコントラストなど、かなり精密な映像チェックが行えるのにも関わらず、ソフトの操作系もよく考えられているため、初心者でもスムーズに作業を進められるツールだ。

Datacolor Spyder4TV HD \16,800(税込)

●のべ10,000時間を超えるプロジェクターを調整!

筆者の仕事部屋兼シアタールームでは、JVCの「DLA-HD1」がいまでも現役で活躍中だ。しかも、ここにある映像機器はこれだけ。最初はプロジェクターでの映像を積極的に見るようにするためにわざとそうしていたのだが、そのうち仕事の画質チェックから普段使いまでこの1台でまかなうようになってしまった。そんな使い方のため、2000時間寿命のランプはいまや5本目、トータルでは10,000時間近いランニングタイムとなってしまった。そろそろ、いや早急に買い換えが必要な状態といえるが、長年(?)連れ添った愛機だからこそ、最後までベストな映像を堪能したいもの。そこで製品版「Spyder4TV HD」を使って映像を調整、どこまで新品のコンディションに近づけるかをトライしてみた。

すべての調整項目を初期設定値にあわせた状態。ランプの消耗にくわえてパネルの劣化も見られ、全体的にグリーンが強い映像になっている。この映像を購入当時に近い映像にしようというのが今回の趣旨だ!

●まずはプロジェクターの状態をチェックしよう

さすがに酷使してきただけあって、久々にデフォルトに戻してみた映像は、緑かぶりの激しい、加えて色飛びも目立つ、かなり色あせた状態だ。これは、いま使っているランプがすでに1400時間に達している(多少暗くなりはじめているはず)ことも一因しているだろうが、パネル自身の経年変化も大きいはず。何年も使い続けてきた、旧式プロジェクターならではの症状といえるだろう。

映像モードは「ユーザー3」の初期値。調整項目はすべて「0」

今回は最初に色温度の設定でグリーンとレッドを調整して色を整えた後、キャリブレーションに臨んだ

さて、今回「Spyder4TV HD」を使用するにあたって、残念ながら「DLA-HD1」のHDMI入力は色あい調整ができないため、テスト前に手動である程度の色温度調整を行った。緑を大きく抑え、それに合わせて赤もやや抑えめにして調整をスタートしている。

●さっそくSpyder4TV HDでキャリブレーション!


Spyder4TV HDでは、「色温度プリセット」、「明るさ」、「コントラスト」、「カラー(色の濃さ)」、「ティント(色あい)」の最適化ができる。

テストパターンは同梱のブルーレイディスク、DVDディスクを市販のプレーヤーで再生。センサーの操作はPCでおこなう
測定の前にPCと、カメラの三脚などセンサーを固定するもの用意しよう。まずPCにソフトをインストールし、チェックパターンをブルーレイやDVDプレーヤーにセットすれば準備はOK。あとはソフトの手順通りに調整すればよい。詳しい手順は写真を参考にしてほしい。


測定により、各調整項目の推奨値を割り出してくれる。「明るさ」なら黒浮きするギリギリのラインを見極め、推奨値を出してくれる

調整した結果。明るさとコントラストをややあげるような結果になった
●愛機に2度惚れする映像が得られた

印象としては、新品そのものとまではいかないが、かなり本来の実力に近い画質を取り戻すことができたと思う。特に白ピークの階調がかなり精密になってくれたのがうれしい。黒側の粘りもよくなったため、ブルーレイ版『ダークナイト』では、空間表現にかなり奥行き感が生まれてくれた。なかなかの実力派といえるだろう。

最終の映像。白と黒の明るさ調整はわずかな調整に終わった。付属のチェックパターンを用いて調整確認したが、階調表現もよいバランスに整えることができた

スクリーン面にセンサー部を向けた状態で、スクリーンから40cm離した。輝度差が少ないよう画面の中央にセットした

プロジェクターが旧式になってしまったけど、まだまだ元気で交換するほどではない、という人やスクリーンとのマッチング、ランプ交換が必要な方は、ぜひ「Spyder 4TV HD」を使って映像調整を行ってみてほしい。本来の実力はこんなにすごかったのか、と愛機に2度惚れするはずだ。

(野村ケンジ)

【編集部より】なお、9月8日発売のホームシアターファイルでは、本製品に同梱されるチェックパターンDVDが付録として付いてきます! 画質調整に役立つチェックパターンが封入されています。詳しくはこちら



9月8日発売のホームシアターファイルに付く特別付録DVDはこちら!