角川書店との合弁会社を設立

ドコモ、スマホ向け月額420円見放題サービス「アニメストア」を開設 − エヴァ/けいおん!/まどかマギカなど

ファイル・ウェブ編集部
2012年05月16日
NTTドコモは、スマートフォン・タブレット向けのコンテンツマーケット「dマーケット」に、新たに「アニメストア」を開設し7月から提供を開始する。

■月額420円で見放題の「アニメストア」

月額420円でアニメ作品を定額見放題にする配信サービス。Android2.3以上を搭載し、かつ音楽・映像DRMに対応したドコモ スマートフォン、ドコモ タブレット(らくらくスマートフォン F−12Dを除く)に対応する。

トップ画面のイメージ

サービスイン時点で約500作品、10,000話を用意する予定。現在配信を予定している主な作品は下記の通り。

人気作品を定額で見放題

・機動戦士ガンダムSEED
・けいおん!
・新世紀エヴァンゲリオン
・涼宮ハルヒの憂鬱
・ゼロの使い魔
・とある魔術の禁書目録
・時をかける少女
・鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
・バカとテストと召喚獣
・魔法少女まどか☆マギカ
・未来少年コナン
・ルパン三世 1st series

視聴はストリーミング方式で、「きれい(1.5Mbps)」「ふつう(500kbps)」「かるい(250kbps)」という3種類のメニューを用意。回線状況によって使い分けられるよう配慮した。また、「現時点で未定な部分も多く実際にできるかどうかの確約はできないが、レジューム再生にも対応したいと思っている」(説明員)とのことだった。

3段階の画質メニューを用意

なお、本サービスの開始にあたり、ドコモでは角川書店と合弁会社「ドコモ・アニメストア」を5月下旬に設立。本サービスの運営にあたるほか、コンテンツのライセンス事業や新作アニメ作品への出資などの独自ビジネスも展開する。

さらに、新会社では、他社携帯電話向けのアニメコンテンツ配信サービスの提供やアニメ関連グッズの企画販売も今後予定。これらアニメ配信事業などの海外展開も視野に入れて総合的な事業展開を行っていくという。

本日開催されたNTTドコモの発表会には、角川グループホールディングス取締役会長の角川歴彦氏と、新会社の取締役社長に就任する予定の、角川書店取締役 安田猛氏も出席。

「ドコモと角川グループはiモード時代からコンテンツ分野で信頼関係を築いてきた」と語る角川氏は、「アニメマーケットに、角川は多数のアニメ作品を提供するとともに、業界におけるネットワークを活かし得て各社の作品をお預かりする」と、角川グループ以外のアニメ会社作品も積極的に揃えていくと説明。「両社がアニメ業界の各社と協力することで、今までにないアニメの視聴機会を提供し、ユーザーとアニメ市場の発展に貢献できるものと信じている」と言葉を続けた。

角川歴彦氏

また、安田氏も「角川グループの大ヒット作品である『涼宮ハルヒの憂鬱』はもちろん、『新世紀エヴァンゲリオン』『けいおん!』といった各社様の人気作品も取り揃えている」と、作品ラインナップに言及。「月額見放題において初登場となる作品もある」と、充実したラインナップを揃えたとアピールした。

安田猛氏

関連リンク