電通と民放キー局5社、有料課金型VODサービス「もっとTV」を4月2日よりスタート − NHKも参加検討中

ファイル・ウェブ編集部
2012年01月26日
日本テレビ放送網・テレビ朝日・TBSテレビ・テレビ東京・フジテレビジョンと電通は、2011年8月に発表した有料課金型VODサービス(関連ニュース)の名称を「もっとTV(テレビ)」に決定。4月2日よりサービス開始することを発表した。

「もっとTV」のロゴ。テレビを「もっと」という意味を込めて、+(プラス)をデザインしたとのこと

本サービスは、地上波放送のリアルタイム視聴促進を狙いとしたVODサービス。「もっとTV」の名称には「『もっとTV』を通じ、『もっと』テレビ番組を見たくなる、『もっと』テレビ番組が楽しくなる、『もっと』テレビ番組が身近になる」という意味が込められているとのこと。

今春発売以降のインターネットTVにて利用が可能。対応テレビのリモコンには専用ボタンも設け、アクセスを簡便にする。

コンテンツは、見逃し番組を中心にドラマ・アニメ・バラエティなど様々なジャンルを用意。関連するシリーズ番組の放送時間なども表示し、リアルタイム視聴へもつなげる。また、放送番組の視聴中にリモコンの専用ボタンを押すと、その放送局のVOD画面(売り場)に移動。地上波放送を子画面に残した状態で、VODコンテンツを選択することも可能だ。

VODコンテンツ購入決済はクレジットカード決済、携帯(モバイル)決済などを用意している。

「もっとTV」の画面イメージ

当初は上記5放送局でサービススタートするが、現在日本放送協会(NHK)も本サービスに参加を検討中であることも明らかにされた。
  • トピック
  • VOD