47V/42V型の2サイズで展開

東芝、タイムシフトマシン搭載の2D専用“REGZA”「ZT3」シリーズ

ファイル・ウェブ編集部
2012年01月11日
(株)東芝は、地上デジタル放送を最大6チャンネル/約30時間キャッシュできる「タイムシフトマシン録画」対応の液晶テレビ“REGZA”「ZT3」シリーズを1月18日に発売する。


47ZT3

42ZT3
ラインナップは47V型の「47ZT3」と42V型の「42ZT3」による2サイズ展開となり、価格はオープンだが47V型が31万円前後、42V型が23万円前後で販売される見込みだ。

本シリーズは昨年5月に発売された「ZG2」シリーズ(関連ニュース)に続き、「タイムシフトマシン録画」機能を搭載したモデルとして“REGZA”のラインナップに加わる。ZT3シリーズの発売以後も、ZG2シリーズの販売は継続される。

ZT3シリーズは、その機能の多くをZG2シリーズから継承しているが、大きく違うところの一つは、ZT3シリーズは2D専用モデルとなり、3D映像の表示には対応していない。

本体には地上デジタルチューナー9基、BS・110度CSチューナー2基を搭載し、地デジ6チャンネル同時のタイムシフトマシン録画に対応しているが、本体に内蔵する容量1.5TBのHDDはすべてタイムシフトマシン録画専用となり、通常録画は全てユーザーが別途用意した外付USB-HDDに行うかたちになる。なお、USB-HDDを用意しておけば、「地デジ見ながらW録」なども行える。

映像エンジンには2つのデュアルコアプロセッサを搭載した「レグザエンジン CEVO Duo」を採用する。超解像技術はZG2シリーズと同じ世代の、複数枚フレーム参照型の超解像技術「レゾリューションプラス6」を搭載した。

パネルは両サイズの機種ともに、1,920×1,080画素のIPS方式クリアLEDパネルを搭載。動画表示は「アクティブスキャン240」を採用し、効果的に残像を低減、なめらかな動画表示を可能にした。映像の自動調整機能は「おまかせドンピシャ高画質3」を採用する。


ZT3シリーズのリモコン
ネットワーク機能は、本機でUSB-HDDに録画した番組を、ホームネットワーク内にある別室のDTCP-IP対応テレビやスマートフォンなどで視聴できる「レグザリンク・シェア」や、本機のリモコンを使ってネットワーク上の外部機器を操作できる「レグザリンク・コントローラ」などをサポート。また「レグザAppsコネクト」にも対応している。

【問い合わせ先】
東芝 テレビご相談センター
TEL/0120-97-9674
新着記事を見る
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番47ZT3
  • 発売日2012年1月18日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格310,000円前後)
【SPEC】●サイズ:47V型 ●映像処理システム:レグザエンジンCEVO Duo ●パネル:IPS方式倍速フルHDクリアLEDパネル ●解像度:1,920×1,080 ●コントラスト比:1,600対1(ダイナミックコントラスト:2,000,000対1) ●チューナー:地上デジタル×9、BS・110度CSデジタル×2 ●入出力端子:HDMI入力×4、D5入力×1、ビデオ入力×2、HDMIアナログ音声入力×1、光デジタル音声出力×1、ヘッドホン、アナログ音声出力、USB×2、LAN×1、SDメモリーカードスロット ほか ●消費電力:189W(リモコン待機時0.12W)●年間消費電力量:143kWh/年 ●外形寸法:1127W×756H×254Dmm(スタンド含む) ●質量:21.5kg
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番42ZT3
  • 発売日2012年1月18日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格230,000円前後)
【SPEC】●サイズ:42V型 ●映像処理システム:レグザエンジンCEVO Duo ●パネル:IPS方式倍速フルHDクリアLEDパネル ●解像度:1,920×1,080 ●コントラスト比:1,600対1(ダイナミックコントラスト:2,000,000対1) ●チューナー:地上デジタル×9、BS・110度CSデジタル×2 ●入出力端子:HDMI入力×4、D5入力×1、ビデオ入力×2、HDMIアナログ音声入力×1、光デジタル音声出力×1、ヘッドホン、アナログ音声出力、USB×2、LAN×1、SDメモリーカードスロット ほか ●消費電力:189W(リモコン待機時0.12W)●年間消費電力量:143kWh/年 ●外形寸法:1017W×694H×254Dmm(スタンド含む) ●質量:16.5kg