マイク性能をグレードアップ

ティアック、高音質化したタスカムの96/24対応リニアPCMレコーダー「DR-100MKII」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年11月15日
ティアック(株)はTASCAMブランドから、高音質化を図った96kHz/24bit対応リニアPCMレコーダー「DR-100MKII」を11月下旬に発売する。


DR-100MKII
価格はオープンだが、4万円前後での販売が予想される。明日から開幕する2011国際放送機器展(InterBEE2011)のブースで本機の展示を行う。

本機は2009年春に発売したリニアリニアPCMレコーダー「DR-100」の後継機となるハイエンドモデル(関連ニュース)。本機の機能や使い勝手を継承しながら、より一層のクオリティアップを図った。

44.1/48/96kHz、16bit/24bitのリニアPCM(WAV)のほか、MP3の録音も可能。MP3の録音ビットレートは32/64/96/128/192/256/320kbpsに対応する。記録メディアはSD/SDHCメモリーカードが利用でき、2GBのSDカードを付属している

音楽やフィールドレコーディングに最適な単一指向性のステレオコンデンサーマイクと、会議や集会などの録音に最適な無指向性ステレオコンデンサーマイクを内蔵している点は従来機と同様。高音質化対策では、高音質アナログ回路を搭載したほか、ディスクリートパーツを採用したマイクアンプを備え、従来機よりS/Nを改善したほか、全体ではS/N比92dB、歪率0.01%以下を実現している。

本体上部にマイク、SDカードスロットを搭載

本体側面にデジタル入力を装備。ライン出力もヘッドホン出力から独立して備えたことで、さらに高音質なライン出力を可能にしている。外部入力はアンバランス入力のほか、確実な接続ができるロック付XLR入力端子を備え、+4dBuラインレベル入力にも対応した。ヘッドルームも20dB確保し、放送用の映像・音響機器のオーディオ出力にも対応している。

ロック付XLR入力端子を搭載

本体にはハンドノイズを排除するリモコンを標準装備。赤外線による操作だけでなく、確実な操作ができるようワイヤードでの操作も可能な2ウェイ仕様となっている。本体には持ち運びに便利なソフトケース、リチウムイオン電池、ウインドスクリーンも付属する。

長時間使用したい場合はオプションのACアダプターが使用できるほか、単3乾電池6本で駆動できるオプションの外部バッテリーパックも接続できる。


【問い合わせ先】
ティアック(株)
タスカム カスタマーサポート
TEL/042-356-9137
新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドTASCAM
  • 型番DR-100MKII
  • 発売日2011年11月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格40,000円前後)
【SPEC】●録音形式:WAVフォーマット(16/24/96ビット)、MP3フォーマット(32/64/96/128/192/256/320kbps) ●記録メディア:SD/SDHCメモリーカード ●消費電力:4W ●外形寸法:80W×153H×35Dmm(突起部含まず) ●質量:290g(電池含まず)