米Panasonic、同社初のフルHD 3Dプロジェクターを発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年08月02日
米Panasonic Solutions Companyは、パナソニックとして初のホームシアター向けフルHD 3Dプロジェクター「PT-AE7000U」を9月に発売する。価格は3,499ドル。

「PT-AE7000U」

なお本機の3D映像技術は、Panasonic Hollywood Laboratory(PHL)でBlu-ray 3Dソフトのオーサリングやマスタリングを行っているエンジニアと共同開発した。

開口率を高めた新世代の、480Hz駆動に対応した透過型液晶パネルを搭載。同社独自のオーバードライブ技術と組み合わせることで3D映像投写時のクロストークを大幅に低減した。

また光学エンジンも新規開発。ピュアカラーフィルタープロ、ダイナミックアイリスプロなどの技術を組み合わせることで、30万対1という高コントラスト比と2,000ルーメンという高輝度を実現した。

さらに新規開発となるデュアルコアの映像処理エンジンを搭載。高精度なフレーム補間、ディテールクラリティ処理などを、2D映像だけでなく3D映像に対しても適用できる。

3D映像の投影時には2D-3D変換機能が利用できる。また「3D Viewing Monitor」機能を用意。3D効果はスクリーンサイズによって変わるため、立体視効果を3Dコンソーシアムの安全基準内にとどめる機能だ。

本体に3D IRトランスミッターを内蔵。3Dメガネは同梱せず別売となり、3D VIERAのものが利用できる。

また、レンズのフォーカス/ズーム位置を6つ記憶する機能も備え、16対9に適した設定と2.35対1に適した設定を、容易に切り換えることができる。本体にはHDMI入力端子を3系統搭載している。

関連記事