Numark「Red Wave」も展示

<ハイエンドショウ>イーフロンティア、KLIPSCHスピーカー取り扱い開始へ − ninewave新モデル2機種も展示

ファイル・ウェブ編集部
2011年05月13日
オーディオイベント「ハイエンドショウトウキョウ2011スプリング」が本日より東京有楽町の「東京交通会館」にて開幕。イーフロンティアのブースでは、KLIPSCH(クリプシュ)の各製品やninewaveの新製品の参考展示などが行われている。

■ninewaveの新製品2モデルを参考出展

ninewave製品では「NW-STUDIO PRO White」「NW-STUDIO」という2つの新製品の存在が明らかにされた。「NW-STUDIO PRO」ホワイトモデルは、名前からも分かるように現行製品「NW-STUDIO PRO」のホワイトモデルで、イヤーピースやケーブル部のカラーを変更。6月の発売を予定している。

NW-STUDIO PRO White

ケーブル部もホワイトに

また、カラーだけでなくパッケージ内容も変更。通常モデルで付属させているキャリングケースを付属させず、タマゴのような球形パッケージとすることで実売価格も2,000円ほど安くなるのでないかとのことだった。

「NW-STUDIO」は先日行われたヘッドホン祭でも展示されていたもの。内部構造を継承しながら、ハウジングをアルミからプラスチックに変更し、こちらでも低価格化を実現させた。発売は7月を予定している。

NW-STUDIO

ハウジングがアルミの「NW-STUDIO PRO」

またブースでは、こちらもヘッドホン祭に展示されていたNumark社のDJ用ヘッドホン「Red Wave」や、フラグシップ「Image X10」を始めとしたクリプシュの各イヤホンも展示。クリプシュ製品ではiPod/iPhoneスピーカー「iGroove SXT」も用意している。

Red Wave

各種クリプシュ製品もズラリと並ぶ

■クリプシュのスピーカーが日本再上陸か?

同社スタッフからは、オーディオファンにとって気になる情報を聞くこともできた。現在、日本ではイヤホンと「iGroove SXT」のみの展開となっているクリプシュ製品において、スピーカーの取り扱いも開始する方向で調整が進んでいるというのだ。

クリプシュのスピーカーは過去にヤマハが取り扱っていたが、現在は取り扱いが中止されている。もしこの話が実現すれば、日本へクリプシュスピーカーが再上陸を果たすことになる。

気になる取り扱い開始時期は「7月か8月ごろになるのではないか」(同社スタッフ)とのことで、「第一弾には本国でも今後発売予定となっている新製品が含まれることになりそうだ」との言葉を聞くこともできた。