被災地域の一部事業所で生産活動を再開

ソニー、国内製造事業所の生産活動状況を発表

ファイル・ウェブ編集部
2011年03月22日
ソニーは、東北地方太平洋沖地震に伴うソニーグループの国内製造事業所の生産活動状況について発表した。

同社は本日までに、今回の震災による被害を受けた地域の従業員全員の無事を確認。また現在までに、これらの被害または自主停電等の影響により生産活動を停止していた製造事業所のうち、ソニーマニュファクチュアリングシステムズ、ソニーケミカル&インフォメーションデバイス鹿沼事業所、ソニーエナジー・デバイス栃木事業所の各一部において生産活動を再開している。

また、ソニーケミカル&インフォメーションデバイス多賀城事業所・登米事業所、ソニー白石セミコンダクタ、ソニーエナジー・デバイス郡山事業所・本宮事業所、ソニーDADCジャパン茨城工場など、現在生産活動を停止している製造事業所においても復旧に向けた活動を行っている。

一方、地震等からの直接の被害を受けてはいないが、ソニーイーエムシーエスやソニー・太陽など、計画停電の影響や原材料・部品等の調達が困難となっている製造事業所の一部で、生産活動を一時的に停止するなどしている。