720p映像で無料テレビ電話

パナソニックとLG、Skype対応の薄型テレビを今年中盤に発売

ファイル・ウェブ編集部
2010年01月05日
Skypeは、Skype対応の薄型テレビと、PCやSkypeソフトを組み込んだ機器のあいだで、720pのHD映像でテレビ電話を行える技術を開発したと発表した。

現地時間1月7日からラスベガスで開催されるInternational CESにおいて、SkypeはパナソニックとLG電子の2社と、Skype対応の薄型テレビでパートナーシップを組むことを発表する。

Skypeによれば、パナソニックの「VIERA CAST」対応の薄型テレビと、LG電子の「NetCast Entertainment Access」に対応した26機種の液晶/プラズマテレビに、Skypeソフトが組み込まれるという。両社の対応製品は、ともに2010年半ばに発売される見込みで、両社ともに特別なデザインを施した、Skypeビデオに最適化されたHD対応ウェブカメラを提供するという。これらのHD対応ウェブカメラは720pをサポートし、テレビと視聴位置が少し離れていても明瞭な音声と映像を得られるという。

SkypeとSkypeのあいだの通話は無料で、Skypeから固定電話や携帯電話に電話をかける場合も、非常に低料金で通話ができる。

なお、PCを使って720p画質でSkypeビデオを使用する場合は、対応の新たなHD対応ウェブカメラと、1.8GHz以上のデュアルコアCPU、また専用ソフトウェア「Skype 4.2 Beta for Windows」が必要。PC向けのHD対応ウェブカメラは、CESにおいてfaceVsion社と In Store Solutions社が発表する予定となっている。

また、720p画質でSkype ビデオを使用するには、上り/下りとも最低でも1Mbps以上の通信環境が必要となる。