音質にこだわり3ピン電源ケーブルなど付属

シャープ、実売4万円のBDプレーヤー“AQUOSブルーレイ”「BD-HP21」を発売

Phile-web編集部
2009年02月17日
シャープ(株)は、国内では同社初となるBD単体プレーヤー「BD-HP21」を3月1日に発売する。価格はオープンだが4万円前後での販売が予想される。

BD-HP21

ドライブは右側に装備

同社は海外ではBDプレーヤーを発売しており、国内でも録画が可能なBDプレーヤー「BD-HP1」を発売していたが、再生のみしか行えない、純粋なBDプレーヤーを国内で発売するのは本機が初めて。過去に発売の背景について同社は「BDレコーダーやAQUOS DX1ユーザーの2台目のBDとして『家中まるごとBD計画』を提案したい」(同社説明員、以下同)と意気込む。

新製品は「リーズナブルながらシアター用途にも十分対応できる高画質・高音質性能をねらった」という。画質面では、1080/24p出力、1080/60p出力に対応。さらに、同社の液晶テレビ“AQUOS”との接続時に最適な映像を出力する「AQUOS純モード」にも対応する。また、BD-LIVEやBONUSVIEW機能にも対応する。

音質面では、ドルビーTrueHD/DTS-HDのビットストリーム出力とデコード出力に対応。ただしアナログ音声出力は2chのみとなる。

背面端子部

音質向上対策も手厚い。まず、電源ケーブルは3極式の極太電源ケーブルと2極式の通常のケーブルを2種類同梱。当然着脱式だ。特に3極式の採用により、「ずいぶん音が変わった。想像以上の変化なので驚いた」という。電源回路にも高品位なパーツが採用されている。

3ピンの電源ケーブルが付属する

また、低振動設計を徹底するため、キャビネットの内側に、さらに厚さ1mmの防振プレートを面で張り付けた。これにより安定した音質と締まった画作りを実現できたという。

さらに容量が大きい音響用電解コンデンサーも採用し、回路間の干渉や変動を除去。これにより「中低位機の伸びが良くなった」。

通常の仕様(左)に比べ、BD-HP21(右)では高品位なパーツをふんだんに採用した

なお、HDMI/同軸/コンポジットに金メッキ端子を採用。ほかに金メッキ処理は施されないが、D端子も装備する。金メッキ処理のHDMIケーブルも付属する。

HDMIケーブルも付属する

本機のリモコン。再生系ボタンは蓄光式となる

使い勝手の面では、電源ONまで約0.8秒の一発起動モードを採用し、BD再生開始前の時間を短縮。さらにAQUOSファミリンク対応の、蓄光式ボタン採用リモコンが付属する。また、ほかのAQUOS BDレコーダーで録画したBD-R/REの場合、録画した番組を6画面でリスト表示する「画面リスト」機能も搭載している。

【問い合わせ先】
シャープ お客様相談センター
TEL/0120-078-178

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルBDプレーヤー
  • ブランドSHARP
  • 型番BD-HP21
  • 発売日2009年3月1日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格40,000円前後)
【SPEC】●再生可能メディア:BDビデオ、BD-RE Ver2.1、BD-R Ver1.1/1.2/1.3/1.2LTH、DVDビデオ、DVD±RW/±R、音楽CD、CD-R/-RW ●出力端子:HDMI1、D4端子1、ビデオ1、アナログ2ch音声1、光デジタル1、同軸デジタル1 ●その他端子:LAN端子1、USB端子1 ●消費電力:約22W ●外形寸法:430W×68H×335Dmm ●質量:約4.9kg