マランツ、M-1デザイン採用のAVアンプ「SR6003」「SR5003」を発売

2008年09月12日
(株)マランツ コンシューマー マーケティングは、HDオーディオ対応のAVアンプ「SR6003」「SR5003」を10月下旬より発売する。価格は「SR6003」が120,000円、「SR5003」は87,000円(いずれも税込)。


SR6003

SR6003の背面部


SR5003

SR5003の背面部
先日開催されたIFA2008CEDIA2008で展示されていたモデルの国内版で、ドルビーTrueHDやDTS-HDマスターオーディオなどのHDオーディオに対応する7.1chAVアンプ。

AV8003/MM8003で好評だった“M-1デザイン”を採用。同社の高級オーディオコンポーネントが採用する“ニュープレミアムデザイン”を想起させる、フロントパネルが3ピースに分かれたデザインは、振動を分散させて不要振動を吸収するという役割も併せ持つ。奥行きは388o(突起部含む)で、一体型AVアンプながらスリム化を図った。カラーは国内ではブラックのみの展開となる。

6Ω時の定格出力は「SR6003」が125W×7、「SR5003」が115W×7。実用最大出力は「SR6003」が160W×7、「SR5003」が145W×7。

Ver1.3aのHDMI端子を「SR6003」は入力3/出力2系統、「SR5003」は入力3/出力1系統装備する。DSPはAVプリアンプ「AV8003」で採用したTIの「TMS320DA788」を本機にも採用している。そのほか1080pリピーター出力、Deep Color、x.v.ColorやSACDのDSDビットストリームの入力とデコードにも対応する。

またHDMI接続で本機へ送られてきたオーディオ信号のクロック形成にPLL(位相同期回路)方式を採用。HDMI伝送時に発生するジッターを軽減し大幅に音質を向上させるという。

さらに「SR6003」では、USB端子をフロントパネルに搭載。MP3/AAC/WMA/WAVファイルの再生に対応する。USBオーディオ使用時は、楽曲情報をOSDで表示することもできる。なお、両機ともに圧縮音源やラジオなどナローバンドの信号の高域を補間する独自技術「M-DAX (Marantz Dynamic Audio eXpander)」を搭載している。

SR6003はボタン類のパネルがプッシュオープンする

下位機のSR5003

アップコンバート機能はi-Chips Technology社のフル10bitビデオプロセッサ「IP00C773」を採用。1080pまでのアップコンバートに対応する。


液晶表示を搭載したSR6003のリモコン
また付属の学習機能付きシステムリモコンは、「SR6003」では新たに液晶表示部を搭載し操作性を向上させている。

【問い合わせ先】
株式会社 マランツ コンシューマー マーケティング
お客様相談センター
TEL/03-3719-3481

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドMARANTZ
  • 型番SR6003
  • 発売日2008年10月下旬
  • 価格¥120,000(税込)
【SPEC】●主な出入力端子:HDMI入力3/出力2、コンポーネント入力3/出力2、S映像入力5/出力2、コンポジット入力5/出力2、同軸デジタル入力2、光デジタル入力4/出力1、アナログ音声(ステレオ)入力7/出力3、アナログ音声入力(7.1ch)入力1、プリ出力(7.1ch)1 ●定格出力(6Ω/20Hz-20kHz/0.08%THD):125W×7 ●実用最大出力
(6Ω/1kHz/JEITA):160W×7 ●入力感度/入力インピーダンス:180mV/47kΩ ●SN比(アナログ入力):105dB ●外形寸法:440.0W×184.5H×388.0Dmm ●質量:13.2kg
  • ブランドMARANTZ
  • 型番SR5003
  • 発売日2008年10月下旬
  • 価格¥87,000(税込)
【SPEC】●主な出入力端子:HDMI入力3/出力1、コンポーネント入力3/出力2、S映像入力5/出力2、コンポジット入力5/出力2、同軸デジタル入力2、光デジタル入力4/出力1、アナログ音声(ステレオ)入力7/出力3、アナログ音声入力(7.1ch)入力1、プリ出力(7.1ch)1、USB入力1 ●定格出力(6Ω/20Hz-20kHz/0.08%THD):115W×7 ●実用最大出力
(6Ω/1kHz/JEITA):145W×7 ●入力感度/入力インピーダンス:180mV/47kΩ ●SN比(アナログ入力):105dB ●外形寸法:440.0W×184.5H×388.0Dmm ●質量:13.1kg