ケンウッドとマイクロソフト、家電やカーナビ分野で特許クロスライセンス契約を締結

2007年09月25日

米Microsoftと(株)ケンウッドは、特許クロスライセンス契約を締結したことを発表した。今後、両社間の関係を拡大し、カーナビや家電製品などでの情報交換や特許取得済み技術の相互利用を行っていく。

両社はこの契約に基づき、製品開発体制を充実させ、技術革新の推進を図る考えだ。

マイクロソフトのIntellectual Property & Licensing部門担当バイスプレジデントであるHoracio Gutierrezは、「本契約は、両社のお客様、一般消費者そしてITエコシステム全体に利益をもたらすような革新技術を育成するためのコラボレーションの手段として、知的財産のライセンスを活用するという、業界をリードする企業の間で行われている施策の一例」と説明。「当社のライセンスプログラムを通じて、新規性と革新性に富んだテクノロジの掘り起こしを進めていく方針」と語っている。
 
また、ケンウッドの知的財産統括を務める石黒一夫氏は、「両社の協力関係の範囲を拡大するためのもの。この契約により、マイクロソフトとケンウッドがこれまで開発してきたテクノロジーの相互利用を可能にし、製品開発を加速させる原動力となることを期待している」と述べている。

【問い合わせ先】
(株)ケンウッド CR統括部
広報・IR室
TEL/042-646-6724

(Phile-web編集部)

関連記事