【東京・向井邸】計算しつくされた流麗な空間!17畳の美しいリビングシアター

ホームシアターファイル編集部
2014年04月24日
意匠を凝らした空間に歓声がこだまする!




建築がもつ美しさをそのままに
ホームシアターの機能を付加した


都内の閑静な住宅街にある3階建ての向井邸。壁や天井はもちろん、床まで白色で統ーされ、中庭から降り注ぐ陽光とも相まって、清潔感と共に煌びやかな印象も与えてくれる。リビングのインテリアはナチュラル系でまとめられ、ホームシアターの機器も、その意匠を損ねないように美しくインストールされている。

海外赴任をしていた向井さん。当時の家のリビングは22畳あり、とても広かった。その影響で、今回もできるだけリビングは広くしたかったという。設計段階ではいま階段がある部分にはバルコニーがあり、それもつぶして限界まで広くしたコダワリのリビングシアターだ。

サッカーが好きな4人家族の向井さんご一家。取材日にはあいにく学校でお子様(ご長男)が不在だった。

階段がある部分はもともとバルコニーだった

そんな向井邸を手がけたのは、住宅の総合プロデュースを手がけるプ口スタイルデザイン(株)の菅原隆宏氏だ。そしてインストールは、トムテックの浅田友英氏と森文孝氏の両名が担当。実は両社がコラポして完成したホームシアターのある家は数多いのだ。そして今回もまた、プ口同士の競演が実現したのだ。

120インチのスクリーンサイズにピタリとある造作家具。床と空間を設けることで、空間を狭く感じさせないようにしたアイデアだ。テレビを壁掛けした壁面にはタイルがあしらわれ、空間のよいアクセントになっている。

空間がもつ意匠を大事にするため、まず森氏は機器の存在を感じさせないレイアウトを熟慮。特に、スクリーンはケースが見えにくい位置まで天井を掘り込み納めている。

スクリーンはキクチの電動120インチ。フロントハイトスピーカーは、タンジェリン・ウェーブガイドを採用し、指向性の広いKEFの「Ci160QR」を採用している。

また、向井さんはサウンドに、サラウンドバックを含む7.1chシステムの導入を検討していた。しかし、森氏は正方形に近い間取りから、リアの繋がりよりも、120インチの大画面に音が負けないようにと、フロントハイトスピーカーの導入を提案。これが正解だった。

ディスプレイ側をすっきりさせるため、存在感のあるサブウーファーは、階段の下に置いた。

プロスタイルデザインにより設計された造作家具に、AV機器やソフトなどを収納している

プロジェクターは、エプソン「EH-TW8200」をSANUSの金具で天吊りしている。計画当初はソニーのプロジェクターも検討していたそうだが、遮光が完全にできないことなどを考慮して、明るさをより重視。「TW8200なら迷光が多少あっても、コントラストも取れ、色再現性もよいのでお薦めしました」と、森氏は語る。

プロジェクターはエプソン「EH-TW8200」

「森さんの最初のプランがとてもよく、あとはお任せでした」と、向井さん。完成してからは、映画はもちろんサッカー中継もよくご覧になっているという。大きな試合があると、早朝でも起きてご覧になるという本格派だ。そして今年はワールドカップイヤー。今夏の向井邸シアターは、ゲストの歓声に包まれているに違いない。


HOMETHEATER DATA

住宅形態●戸建/新築
家族構成●4名
ホームシアターの広さ●約17畳
画面サイズ●120インチ+50インチ
サラウンド●7.1ch


EQUIPMENT LIST

<AV機器>
●プロジェクター:エプソン EH-TW8200
●スクリーン:キクチ C55E-120HDWA
●AVアンプ:パイオニア VSA-1123
●BDレコーダー:パナソニック DMR-BWT650
●フロントスピーカー:パイオニア S-EU5TB
●センタースピーカー:パイオニア S-EU5CR
●サラウンドスピーカー:KEF Ci160QR
●フロントハイスピーカー:KEF Ci160QR
●サブウーファー:パイオニア S-EW5

INSTALL

ホームシアターのトムテック
インストーラー/浅田友英 氏・森文孝 氏