フロンティアファクトリーが取り扱い開始

iPhone/iPadの動画撮影用リグケース「iOgrapher」が日本上陸。望遠レンズなども販売開始

編集部:小野佳希
2017年07月27日
フロンティアファクトリーは、iPhone/iPad専用の動画撮影用リグケース「iOgrapher」(アイオグラファー)シリーズの取り扱いを開始。リグケース本体や望遠/マクロレンズなどのアクセサリー類を本日7月27日から直販サイトおよび各社ECストアで発売した。

iOgrapher

リグケース本体は、iPhone 6/6s/7用、iPhone 6 Plus/6s Plus/7 Plus用、iPad Air/Air2用、iPad Mini 4用が各6,980円で、9.7インチiPad Pro用が7,980円。直販サイト限定でiPhone 5/5s/SE用(5,980円)とiPad Mini用(6,980円)も販売する(価格はいずれも税抜)。

iPhoneをハメ込んで使用

またクリップで装着する望遠レンズやワイドレンズも用意。2.0倍レンズ(4,980円)、0.45倍/3.0倍のワイド+マクロレンズ(4,980円)、12倍望遠レンズ(6,980円)をラインナップする。そのほか、ハードケースとサブポーチ、カラビナがセットになったアクセサリーパック(7,980円)も用意している。

12倍ズームレンズを装着したところ

レンズはiPhone本体に直接装着することも可能

リグケースは、iPhone/iPadにケースのように装着することで、リグシステム(撮影周辺機器の取り付けベース)として機能するというもの。両手持ちのハンドルによって安定したカメラワークができるようになるともしている。

安定して動画撮影等を行える

ケースの上部にライトやマイクなどの周辺機器を装着できるコールドシューを装備。また、ケースの両サイドについているハンドル部は特許取得済みのエルゴノミックハンドルで、両手でしっかり支えられるためカメラワークが安定するとしている。

外部マイクなどを装着しやすいようコールドシューも装備

ケースの底部には三脚穴を設け、一般的な三脚に取り付けることも可能。そのほか、iOgrapher純正の交換レンズのほか、37mmマウント径のサードパーティー製交換レンズを装着できる。



関連記事