さらに薄型化

アマゾン、「Fire」タブレット7/8型に新モデル。プライム会員なら4,980円から

編集部:成藤正宣
2017年05月18日
Amazonは、タブレット「Fire」シリーズの7インチタイプと8インチタイプの新モデルを6月7日から発売する。すでに予約を開始しており、価格は7インチ「Fire 7」が8GBで8,980円、16GBで10,980円。8インチタイプ「Fire HD 8」が16GBで11,980円、32GBで13,980円。10インチタイプはモデルチェンジせず継続販売となる。

「Fire 7」

「Fire HD 8」

なおAmazonプライム会員は、購入時にクーポンを利用することで各製品4,000円割引となり、「Fire 7」なら4,980円から、「Fire HD 8」なら7,980円から購入できる。

2016年9月に販売開始した前モデルの置き換えとなり、厚みが「Fire 7」で1mm、「Fire HD 8」で0.5mm薄くなっている。また256GBまでのmicroSDXCに正式対応した。さらに「Fire 7」に関しては、バッテリー持続が最大7時間から最大8時間へ、Wi-Fiがシングルバンドからデュアルバンド対応へ強化されている。その他のCPU、内蔵スピーカー、2メガピクセルリアカメラとVGAフロントカメラなどの仕様に変更はない。

使用イメージ

Fireタブレットは、ユーザーの動画の好みを学習し、事前に再生準備を行うという「ASAP(Advanced Streaming and Prediction)機能」、電子書籍や動画などの視聴状況をほかの端末でも同期する「Whispersync機能」を搭載し、Amazonコンテンツに最適化されているのが特徴。

マイクロファイバーで液晶画面を保護し、閉じるとマグネットでロックがかかる純正ケースも同時発売する。

「Fire 7」のディスプレイは1024×600のIPSディスプレイ。1.3GHzクアッドコアCPUと1GB RAMを搭載。モノラルスピーカーとマイクを内蔵する。外形寸法115W×192H×9.6Dmm、質量295g。

「Fire HD 8」のディスプレイは1280×800のIPSディスプレイ。1.3GHzクアッドコアCPUと1GB RAMを搭載。デュアルステレオスピーカーとマイクを内蔵し、Dolby Atmosに対応する。外形寸法128W×214H×9.7Dmm、質量369g。

関連記事