4月28日12時スタート

radiko、東日本大震災の復興支援サイトを開設 − 被災地区の放送を全国に配信

ファイル・ウェブ編集部
2011年04月27日
(株)radikoは、東日本大震災の復興支援プロジェクトとして、4月28日(木)の12時に復興支援サイト「http://fukkou.radiko.jp/」を立ち上げ、「radiko.jp」のシステムを活用して被災地区の放送を全国に配信する。

サイトでは、今回の大震災で大きな被害を受けた岩手県、宮城県、福島県、茨城県のラジオ7局の放送について、「radiko.jp」のシステムを活用して全国に配信するというもの。同社では本プロジェクトを立ち上げた背景について「風評被害からの回避一助となるよう、地域密着度の高いラジオ情報を通して、被災地区の現状を日本全国に向けて正確に届けること」が目的と説明している。

今回のプロジェクトについては、本来の「radiko.jp」サービスとは内容が異なるため、放送と連動した番組情報やオンエア楽曲の表示などは行われない、音声のみのサービスとなる。サイトの開設予定期間も約6ヶ月とされている。

聴取方法は、パソコンからは直接「http://fukkou.radiko.jp/」にアクセスするか、または「http://radiko.jp/」にアクセスして、「radiko.jp」復興支援プロジェクトのバナーをクリックすれば聴取できる。スマートフォンからは、プロジェクトの公式アプリを6月初旬のリリースに向けて準備しているという。

関連リンク