「5軸 Dual I.S.2」でブレ補正も強化

パナソニック、4K動画対応の新ミラーレス中級機「LUMIX G8」

編集部:小野佳希
2016年09月20日
パナソニックは、4K動画撮影にも対応し「5軸 Dual I.S.2」によって静止画も動画もブレのない撮影を実現したというミラーレスデジタルカメラ“LUMIX G8”「DMC-G8」を10月21日に発売する。ボディ単体は11万円前後、標準ズームレンズキット(12-60mm/F3.5-5.6 ASPH./POWERO.I.S.)は14万円前後での実売が予想される。

DMC-G8

ローパスフィルターレス16Mセンサーと映像エンジン「ヴィーナスエンジン」を搭載。3,840×2,160pの4K動画撮影にも対応している。液晶モニターは可動式の3.0型で、236万ドット 0.74倍 OLEDファインダーも備えている。

液晶モニターと操作ボタン類

手ブレ補正「Dual I.S」が「5軸 Dual I.S.2」に進化。高精度ジャイロセンサーの採用と、ブレ角度の計算および信号処理を再設計した新アルゴリズムによって、テレ端まで5段の性能を実現した。同社では「静止画も動画もブレのない高品位撮影を実現した」としている。

本体上部

新開発のシャッターユニットを採用し、シャッターショックによるブレの低減と静音化を実現。チャージユニットレスの電磁駆動方式を採用したことにより、静音化とシャッター衝撃低減を実現させた。マグネシウム製フロントケース採用による高剛性化と合わせ、シャッターショックを従来機G7比で約1/10に低減している。

バッテリーグリップ「DMW-BGG1」も別売で用意

ボディの接合部や操作部材には、シーリング構造によって防塵防滴設計を採用。上記のようにマグネシウム合金製のフロントケースによって堅牢性にも配慮している。

撮影後にピントを任意の位置に変えられる独自フォーカスコントロール技術も搭載。「4Kフォト」機能でフォーカス位置を変えながら秒30コマ連写したデータを用いることで、任意の位置にフォーカスを変更できる「フォーカスセレクト」、そして異なる複数のピントを指定し合成できる「フォーカス合成」機能を新たに搭載した。
新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドPANASONIC
  • 型番DMC-G8
  • 発売日2016年10月21日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格110,000円前後/ボディ単体)

関連記事