ファームウェア01.42を公開

リコー「THETA S」にセルフタイマー機能。USB充電中の使用も可能に

編集部:風間雄介
2016年03月24日
リコーは、360度カメラ「THETA S」をアップデート。ファームウェアの最新バージョン01.42を公開した。

RICOH「THETA S」

新機能として、静止画のセルフタイマー撮影が可能になった。セルフタイマー撮影を行う場合は、Wi-Fiボタンを押しながら電源をONする。なお、セルフタイマー状態で本体を起動した場合、動画撮影が行えない。

また、PCにUSB接続した場合も撮影できる。なおUSB接続時にTHETA Sの電源を入れた場合、Wi-FiはOFFになってしまうので注意が必要だ。

関連記事