13mmドライバー搭載の最上位モデル

マクセル、グラフェンコート振動板イヤホンの最上位「MXH-GD300」ー リケーブルに対応

編集部:成藤正宣
2017年09月06日
日立マクセルは、ダイヤモンド以上の硬度を持つ素材を使用した「グラフェンコート振動板」採用のハイレゾ対応イヤホン「MXH-GD300」を9月15日に発売する。オープン価格だが、25,000円前後での実売が予想される。

MXH-GD300

音の伝播速度が早いグラフェンコート振動板の採用により、高周波数の再現性に優れ、歪の少ないクリアな再生音を実現するとしている「Graphene(グラフェン)」シリーズの新製品。2016年8月に発売された「MXH-GD100」「MXH-GD200」に続く最上位モデルとなる。

従来の「Graphen」シリーズより3mm大型化した、直径13mmのドライバーを新開発。グラフェンコート振動板と軽量CCAWボイスコイルを組み合わせており、微細な信号の変化にも追従する高速レスポンスを実現。「低域から高域まで、バランスのよい広帯域を再生する」としている。

MXH-GD300の分解図

ハウジングは音響特性と強度に優れる高比重ステンレス合金とPC樹脂のハイブリッドボディにすることで、不要共振を抑える設計。振動板を充分に駆動させるため、大型バスポートも設置している。シリーズとしては初めて、MMCX端子によるケーブル着脱にも対応した。

再生周波数帯域は10〜40kHz、インピーダンスは22Ω。ケーブルは長さ約1.2mでL字プラグを採用。質量はケーブルを含め約24g。
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドMAXELL
  • 型番MXH-GD300
  • 発売日2017年9月15日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格¥25,000)
【SPEC】●ドライバー形式:ダイナミック型 ●再生周波数帯域:10〜40kHz ●インピーダンス:22Ω ●ケーブル長:約1.2m ●3.5mmステレオミニプラグ(L字) ●質量:約24g(ケーブル含む)

関連記事