Apple W1チップ搭載

Beats、独自NC技術“Pure ANC”搭載のBTヘッドホン「Beats Studio3 Wireless」

編集部:伊藤 麻衣
2017年09月05日
Beats by Dr. Dreは、ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン「Beats Studio3 Wirelessオーバーイヤーヘッドフォン」を10月中旬に発売する。価格は34,800円(税抜)。本体カラーは、マットブラック/ホワイト/ブルー/レッド/ポーセリンローズ/シャドーグレーの6色を用意。なお、シャドーグレーはApple Online Store、Apple Storeおよびビックカメラ、ヨドバシカメラにて先行販売を実施。ポーセリンローズはApple Online Store、Apple Storeのみの限定カラーとなる。

「Beats Studio3 Wireless」(左からホワイト、レッド、ブルー、マットブラック、シャドーグレー、ポーセリンローズ)

本製品は、Beatsが独自開発したピュアアダプティブノイズキャンセリング(Pure ANC)テクノロジーを搭載したワイヤレスヘッドホン。Pure ANCは、外部環境を継続的にモニタリングし環境音を遮断するほか、再生中の音楽を解析し音源にノイズキャンセリングを適用する。さらに、フィット感を解析し毛髪や眼鏡、耳の形、頭の動きなどによる音漏れを計算し、サウンドバランスを自動調整してくれる。なお、Pure ANCはオン/オフが可能。

Apple W1チップを搭載し、iPhoneとのワンステップペアリングに対応。また、iOS 10またはiOS 11を搭載し、かつiCloudに登録済みのAppleデバイス間において、接続をシームレスに切り替えることもできる。これにより、例えば、iPhoneで通話をした後、MacBookでの映画鑑賞へとスムーズに移行できるとしている。

また、Apple W1チップの効率性によりバッテリーの長寿命化も実現。従来機のほぼ2倍の最長22時間のワイヤレス再生に対応(Pure ANC機能オン時)。さらに、Pure ANC機能をオフにした省電力モード時には最長40時間のワイヤレス再生に対応する。また、Fast Fuel(急速充電)対応で、10分の充電で約3時間の再生が可能となっている。なお、付属のケーブルによる有線接続にも対応する。

BluetoothはClass 1に準拠し、安定した接続性を実現。ハウジング部には、通話・選曲・音量調節ができるコントロールボタンを装備。また、内蔵マイクによりSiriの起動ができる。

イヤーパッドは、柔らかく通気性の高い素材を採用。独自の人間工学に基づいたピボットによる調整が可能で、フィット感を高めるとともに、ノイズアイソレーションの強化を実現したとする。

付属品として、キャリングケース、3.5mmのRemoteTalkケーブル、充電ケーブルを同梱する。

【問い合わせ先】
アップルストアコールセンター
TEL/0120-993-993
新着記事を見る
  • ジャンルMDプレーヤー
  • ブランドBEATS
  • 型番Beats Studio3 Wireless
  • 発売日2017年10月中旬
  • 価格34800
【SPEC】●バッテリー駆動時間:Pure ANC オン最大22時間、Pure ANC オフ 最大40時間 ●質量:260g
  • ジャンルMDプレーヤー
  • ブランドBeats by Dr. Dre
  • 型番Beats Studio3 Wireless
  • 発売日2017年10月中旬
  • 価格34800
【SPEC】●バッテリー駆動時間:Pure ANC オン最大22時間、Pure ANC オフ 最大40時間 ●質量:260g

関連記事