イヤーモニター型「AF100W」は130ユーロ

<IFA>豪AUDIOFLY、初のBluetoothイヤホン「AF100W」「AF56W」披露。BT対応交換ケーブルも

SP DIVISION 井田有一
2017年09月03日
オーストラリアのヘッドホン/イヤホンブランド「AUDIOFLY(オーディオ・フライ)」は、IFA2017の会場にて、同社として初めてのBluetoothイヤホンとBluetooth対応交換ケーブルを展示している。

ミュージシャンの視点に立った開発をするオーディオ・フライらしく、ブースの様子も音楽を強く意識したデザインだ

ブース説明員の皆さん。一番右の方が今回の取材に応じてくれたMatt Rowett氏

CES2017で発表された製品の中から、今回3製品が発売される。まずは同ブランドの中でもスタンダードモデルとして定評のある「AF56」をベースにワイヤレス化した「AF56W」。ワイヤードモデルと同様に13mmのダイナミック・ドライバーを搭載する。ブース展示員によると、ソリッドな低域と滑らかな中高域とがうまくバランスしているとのこと。価格は100ユーロ。

AF56W

上位モデルとなる「AF100W」は、日本での展開のないイヤーモニタータイプの「AF100」をベースにしたBluetoothモデル。2枚の振動板を搭載したマイクロドライバーとワイヤレスユニットとを収めるハウジング設計にこだわったとのことだ。価格は130ユーロ。

AF100W

そして注目したいのは、MMCXコネクターを採用したBluetooth対応交換ケーブル「Audioflex Wireless Bluetooth Cable」だ。価格は80ユーロ。

MMCX対応のBluetooth対応交換ケーブル「Audioflex Wireless Bluetooth Cable」

交換ケーブルはセット販売も計画している

Audioflexとは、同ブランドの製品に採用される独自ケーブルのことで、登山用ロープにも使われる素材「COUDURA」を採用することで、柔軟性と耐久性を兼ね備えている。公式に対応するのは、AUDIOFLYの6BA搭載フラグシップ「AF1120」やミドルクラスモデル「AF180」、そして「AF160」の3つとなる。オーストラリアとヨーロッパのセールスマネージャーであるMatt Rowett氏によると、このケーブルを対象モデルとバンドルして発売する計画もあるという。

AUDIOFLY初のBluetoothイヤホン。ミドルクラスの「AF56W」よりもエントリークラスの予定もあるという

日本で未発売のモデルも欧州では展開されており、ワイヤードモデルも試聴できた

いずれもBluetoothのコーデックはaptXまで対応。IPX4の防滴仕様も採用する。また、日本での導入は未定である。

関連記事