iPadにDockが登場

「iOS 11」今秋提供。iPadのUIやAR強化、マルチルーム対応「AirPlay 2」も

編集部:風間雄介
2017年06月06日
アップルは、iOS 11を今秋提供開始する。本日行われた開発者向け会議「WWDC」で新機能が紹介された。

iOS 11ではAR機能を強化。新フレームワーク「ARKit」を使うことで、拡張現実をアプリによりかんたんに組み込むことが可能になる。同社ではiOS 11が「世界最大のARプラットフォームになる」とアピールした。

マルチルーム対応の「AirPlay 2」が登場

オーディオ関連では、「AirPlay 2」を搭載。マルチルームオーディオ機能を強化したもので、複数のオーディオシステムやスピーカーをコントロールできる。

「AirPlay 2」

この「AirPlay 2」に対応するブランドとして、デノンやマランツ、マッキントッシュ、ボーズ、B&W、B&O、Polk、ディナウディオ、NAIM、DEVIALETなどが紹介された。

「AirPlay 2」に対応すると紹介されたブランド群

Siriの機能強化も行われる。Apple Musicと統合し、好みの曲やおすすめの曲を再生。また「この曲のドラマーは誰?」といった質問にも答えられるようになるという。

なおSiriではこのほか、翻訳機能もβ版として提供予定。英語から中国語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語への翻訳が可能になる。

また細かなところでは、Apple Musicも機能強化。友人が最近聴いた曲が見られるようにする。

写真機能も強化。Live Photosを使ってループアニメを作る機能が紹介されたほか、ポートレートモードの低照度下での画質向上も行われる。また新しい圧縮技術により、半分程度のファイルサイズで同等の画質の写真を撮影することも可能になるという。

App Storeは完全に再設計。毎日異なるアプリをリコメンドするほか、ゲームとそれ以外のアプリを分離するなど、これまでとはまったく異なるデザインにする。

App Storeでは毎日おすすめのアプリをリコメンドしてくれるようになる

コントロールセンターのデザインも一新。アイコン類の配置をカスタマイズできるほか、スワイプしなくても一画面で必要な機能が使えるようにデザインを改めた。

コントロールセンターのデザインも一新

機械学習機能では、「Core ML」を開発者向けに提供。写真の自動認識や自然言語の自動認識などを使って、スマートなアプリを開発できるとした。

iPad向け機能を大幅強化

iPad向けに、macOSのようなDockを追加する。どの画面からでもDockにアクセスでき、スワイプでアプリを瞬時に切り替えられる。なお、このDockは作業状態によって変化し、最近使ったアプリや最後に使ったアプリなどをサジェストするという。

iPadに「Dock」がやってくる

またiPadでは、ドラッグ&ドロップに対応。たとえば写真アプリとメールアプリを同時に立ち上げ、気に入った写真をドラッグ&ドロップでメール本文に挿入する、などといった使い方が可能になる。

iPadでは、新たにファイルUIを強化。ファイルアプリケーションですべてのファイルを閲覧・検索・整理できる。またiCloud DriveだけでなくBoxやDropboxなど他社製クラウドサービスとも連携する。

関連記事