4K30fpsでの360度ライブストリーミングも可能

アスク、8K対応のプロ向け360度カメラ「Insta360 Pro」

編集部:川田菜月
2017年05月15日
(株)アスクは、同社が取り扱う“Insta360”ブランドより、最大8K対応のプロフェッショナル向け360度カメラ「Insta360 Pro」を5月下旬から発売する。価格はオープンだが、414,000円前後での実売が予想される。

「Insta360 Pro」

本機は、最大8K解像度(7,680×3,840)の360度写真や動画撮影ができる全天球カメラで、6つの200度魚眼レンズと4つのマイクを搭載。イーサネットおよびWi-Fi機能を備え、最大3,840×1,920@30fpsの360度ライブストリーミングも可能となる。

直径143mm/質量約1.2kgと軽量かつコンパクトな設計で、筐体素材は耐久性に優れるアルミニウムを採用する。着脱式の5,000mAhバッテリーを備え、連続撮影時間は75分間。撮影と同時に充電も可能となる。

着脱式バッテリーで最大75分間の連続撮影が可能

2つの独自スティッチング機能を搭載し、後処理スティッチングが不要となる4K撮影時の「リアルタイムスティッチング」、シームレスで高品質を実現するという「オプティカルフローステッチング」に対応。その他、タイムラプスモードや100fpsの高速撮影などにも対応する。

HDMI/USB Type-C端子も装備。撮影した映像はSDカードやUSB 3.0接続ストレージに記録できる。ファイル形式はMP4/JPG/RAWとなる。

関連リンク

関連記事