直下型LEDバックライト採用

東芝、4K液晶レグザ「C310Xシリーズ」。49/43型、地デジも綺麗に再現

編集部:小澤 麻実
2017年04月20日
東芝映像ソリューションは、液晶テレビ“レグザ”新モデルとして、49型と43型の4K液晶レグザ「C310Xシリーズ」を4月28日に発売する。価格はオープンだが、49型の「49C310X」が16万円前後、43型の「43C310X」が13万円前後での販売が予想される。

49C310X

43C310X

どちらも解像度3,840×2,160のIPS方式4K液晶パネルを搭載。バックライトは直下型LEDで、画面全体の輝度を見ながらバックライトを制御する「ダイナミックグローバルディミング」により高画質化を図っている。

映像エンジン「レグザエンジンBeauty」を採用。「地デジ精細感復元」「カラーテクスチャー復元」「地デジノイズクリア」など地上デジタル放送などの映像も高精細に楽しめるとのこと。

倍速相当でパネルを駆動する「4Kダイレクトモーション120」を搭載。また、ゲームに必要な高画質処理を行いつつ、画像処理の遅延時間を短縮し、4K液晶レグザ最速の応答速度約0.83msecを実現する「4K瞬速ゲームダイレクト」機能も用意。遅延を少なくし、格闘ゲームなどボタンを押すタイミングが重要なゲームも快適にプレイできるとのことだ。

地デジ/BS/110度CSチューナーをそれぞれ3基ずつ搭載。番組を見ながら放送中の2番組をUSB-HDDに録画できる「BSも地デジも3チューナーW録」にも対応している。録画に便利な機能として、好きなテーマのコンテンツを見つけて手軽に楽しめる「みるコレ」や、レグザサーバーまたはタイムシフトマシン対応レグザと連携した「タイムシフトリンク」なども用意する。

スピーカーは出力10W+10Wの3.05×7.2cmフルレンジを2機搭載。「レグザダイレクトオーディオシステム」を採用し、1,700バンドを越えるイコライジングで音声を補正する「レグザサウンドイコライザーアドバンス」や人の声が聞き取りやすいように音声を再構築する「クリア音声」などに対応する。

LAN端子(10BASE-T/100BASE-TX)1系統を備えるほか、無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n)も内蔵。インターネット機能では、Netflix/ひかりTV 4K/4Kアクトビラ/YouTube/dTVに対応。今年6月下旬には、ソフトウェアアップデートによりスポーツ特化型動画配信サービス「DAZN」にも対応予定だ。

HDMI端子はHDCP2.2対応のものを4系統(うち1系統はARC対応)用意。そのほかUSB端子2系統、ヘッドホン端子などを備えている。
新着記事を見る
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番49C310X
  • 発売日2017年4月28日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格160,000円前後)
【SPEC】●画面サイズ:49V型 ●液晶パネル方式:IPS方式 直下型LEDバックライト[4Kパネル] ●画素数:3840×2160 ●画面寸法:1195W×781H×155Dmm(卓上スタンド含む) ●質量:17.0kg(卓上スタンド含む)
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番43C310X
  • 発売日2017年4月28日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格130,000円前後)
【SPEC】●画面サイズ:43V型 ●液晶パネル方式:IPS方式 直下型LEDバックライト[4Kパネル] ●画素数:3840×2160 ●外形寸法:1060W×693H×154Dmm(卓上スタンド含む) ●質量:13.0kg(卓上スタンド含む)

関連記事