Bluetoothも内蔵

パナソニック、ワイヤレスサブウーファー採用の2.1chサウンドバー「SX-HTB488」

編集部:小澤貴信
2017年03月31日
パナソニックは、ワイヤレスサブウーファー採用のシアターバー「SX-HTB488」を6月16日より発売する。価格はオープンだが、32,000円前後での実売が予想される。

「SX-HTB488」

サウンドバーとワイヤレスサブウーファーで構成される2.1chホームシアターシステム。入出力は、ARC対応のHDMI出力端子を1系統、光デジタル入力を1系統搭載する。Bluetoothも内蔵。HDMIのCEC機能にも対応している。

サブウーファーには2.4GHzの無線伝送を採用。またサブウーファーのボックス側面に木材を加えて剛性を強化したこと、コーンカップを波形形状としてコーンの強度を改善したことで、引き締まった低音を実現したという。

サウンドバー本体については、バスレフ形状を変更して低域特性を改善した新バスレフポートを採用することで、豊かなボーカルを再生するとする。スピーカーには銅素材を採用することで、高域特性の改善も行った。

出力はサウンドバーが50W+50W、アクティブサブウーファーが100Wとなる。サウンドバーには、4.5mm×120mmコーン型フルレンジユニットを各chで1基搭載。サブウーファーは160mmコーン型ユニットを備える。

5つのサウンドモードから、スタンダード、ミュージック、シネマ、ニュース、明瞭ボイスを選択可能。バーチャルサラウンドを実現する「サラウンド効果」機能も備える。

消費電力は本体が約20W、サブウーファーが約18Wとなる。外形寸法/質量は、サウンドバーが853W×60.5H×90Dmm/約1.9kg、サブウーファーが185W×303H×337Dmm、質量は約4.8kg。リモコンや壁掛け用金具も付属する。
新着記事を見る
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドPANASONIC
  • 型番SC-HTB488
  • 発売日2017年6月16日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格32000円前後)
【SPEC】●消費電力:本体 約20W、アクティブサブウーハー 約18W、電源スタンバイ時(本体 約0.3W、アクティブサブウーハー 約0.4W) ●電源:AC 100 V 50/60 Hz ●外形寸法:本体(テーブル置き時 853W×60.5H×90Dmm、壁掛け時 853W×60.5H×111Dmm)、アクティブサブウーハー 185W×303H×337Dmm ●質量:本体 (テーブル置き時 約1.9kg、壁掛け時 約2.0kg)、アクティブサブウーハー 約4.8kg

関連記事