独自のフィルタリング方式を採用

Audiofly、BAドライバーを片側6基搭載したインイヤーモニター「AF1120」

編集部:川田菜月
2017年03月17日
ローランドは、同社が取り扱うAudiofly社より、BAドライバーを片側6基搭載するインイヤーモニターのフラグシップモデル「AF1120」を3月25日から発売する。価格はオープンだが、72,000円前後での実売が想定される。

「AF1120」

AF1120は、BAドライバーを低域に2基、中域に2基、高域に2基と計6基を搭載するインイヤーモニター。各ドライバーに接続するクロスオーバー回路にはバターワース・フィルターとパッシブ・フィルターの2種類を併用した独自のフィルタリング方式を採用し、高解像度と自然な音の広がり、かつ聴き疲れしにくいサウンドを実現するとしている。

6基のBAドライバー搭載イメージ

ケーブルには独自開発した長さ1.6mの「Audioflex SL TwistCable」を採用。登山用のロープにも使われているファイバー素材「Cordura(コーデュラ)」をケーブルに編み込み、柔軟性と耐久性を両立。また、ツイスト状にすることで外部からの電磁波ノイズを受けにくくしたり、擦れで発生するノイズを抑制するとのこと。

硬質イヤーフックを採用し、耳にしっかり固定することで高い装着感を実現。周波数特性は15Hz〜25kHz、感度は108dB@1kHz、インピーダンスは18Ω。

イヤーチップにはComply製を3サイズ、ノイズアイソレーションシリコンイヤーピースを3種3サイズ用意する。その他、ヘッドホン変換プラグ、航空機用変換プラグ、分配プラグ、キャリーケースが付属する。
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAUDIOFLY
  • 型番AF1120
  • 発売日2017年3月24日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格72,000円前後)
【SPEC】●ドライバー:バランスドアーマチュアドライバー 6基 ●周波数特性:15Hz〜25kHz ●インピーダンス:18Ω ●感度:108dB(1kHz 時) ●コード:1.6m Audioflex(TM)ケーブル

関連記事