CMスキップ機能も搭載

SANSUI、日本設計の39型ワイドXGA液晶テレビ。60,000円前後

編集部:押野 由宇
2017年03月16日
ドウシシャは、SANSUIブランドより、東芝映像ソリューション開発のメイン基板を使用した39型1波液晶テレビ「SCM39-B11」を3月下旬に発売する。価格はオープンだが、60,000円前後での実売が予想される。

SCM39-B11

画面解像度は1,366×768ドットで、駆動方式はVA方式。製品の評価や品質管理、生産時の工程管理については福井県越前市に拠点を置く品質管理専門チームで実施する「日本設計」の製品となる。

地上デジタル放送の受信や、外付けUSB-HDDによる番組録画が可能。SD映像を精細に表現する超解像技術“美・彩・細エンジン”のほか、パネルから出るブルーライトを低減するブルーライトガード機能や、独自開発の和紙素材を使用したW-RPMスピーカーを搭載する。

自動チャプター機能により、録画時にCMの開始と終了を自動検出してチャプターマークを設定、録画番組の視聴時にCMをスキップすることができる。また、音楽番組等でのアーティストの歌い出し(曲の開始)を検出して、チャプターマークを自動設定することも可能。

また、超解像処理レベルを自動調整するピクチャーエンハンサー機能や、週間番組表機能など、様々な機能の搭載によって操作性と利便性が向上させているという。外形寸法は888W×575H×210Dmm(スタンド含む)、質量は8.7kg。

なおドウシシャでは本モデルを皮切りに、「日本設計」のSANSUIブランドのテレビラインナップを拡大していくとともに、高品質でありながらリーズナブルな製品を提供していくとしている。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドSANSUI
  • 型番SCM39-B11
  • 発売日2017年3月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格60,000円前後)
【SPEC】●ディスプレイ:東芝映像ソリューション開発のメインボード、39型1波 ●外形寸法:888W×575H×210Dmm(スタンド含む) ●質量:8.7kg

関連記事