複数の日本未導入ブランドでもトゥルーワイヤレスを発見

<CES>モンスターやアルテック・ランシングも左右完全ワイヤレスイヤホン。コンプライは専用イヤーピース

編集部:小野佳希
2017年01月08日
日本でも徐々に製品が増えている、左右筐体が完全に独立した“トゥルーワイヤレス”Blutoothイヤホン。アメリカでは日本以上にその潮流が大きくなっているようで、2017 International CESの会場ではモンスターやアルテックランシングなども製品を展示。コンプライもトゥルーワイヤレス用イヤーピースを展示していた。

モンスターのトゥルーワイヤレスイヤホンは「ELEMENTS」

MONSTER(モンスター)のトゥルーワイヤレスイヤホンは、「ELEMENTS」シリーズに連なるもので、女性が身に着けるアクセサリーのようなエレガントでラグジュアリーなデザイン。ALTEC LANSING(アルテックランシング)のものはIPX7相当の防水性能も備えているとのだった。

アルテック・ランシング製のものは防水仕様

また、COMPLY(コンプライ)はトゥルーワイヤレスイヤホン用の交換用イヤーピース“TRULY WIRELESS”「Twシリーズ」を展示。Bragi社の完全ワイヤレスイヤホン「The Dash」やサムスンの完全ワイヤレスイヤホンに装着しての展示を行っていた。

Bragi「The Dash」にコンプライチップを装着しての展示

また、CES `Unveiledの記事にも「IQbuds」や「FUSE」の出展をレポートしたが、CES本番の会場でも808 Audio「EAR CANZ TRUE」、香港WATA社の「BES1549」などいくつかの出展を発見。トゥルーワイヤレスイヤホンが非常に大きな潮流になっていることを感じさせた。

808 Audio「EAR CANZ TRUE」

WATA「BES1549」

関連記事