様々なインテリア/シーンに合うおしゃれなデザイン

harman/kardon、コンパクトなポータブルBluetoothスピーカー「ONE」「ONYX MINI」

編集部:川田菜月
2016年10月28日
ハーマンインターナショナル(株)は、同社の取り扱うharman/kardonブランドから、ポータブルBluetoothスピーカー「ONE(ワン)」「ONYX MINI(オニキス ミニ)」の2機種を11月下旬から発売する。価格はオープンだが、直販サイトでの価格はONEが17,800円(税抜)、ONYX MINIは15,880円(税抜)。

ONEは、シンプルなスクエアデザインを採用しビジネスシーンでの利用にも最適なモデルとのこと。ボディ表面のアルミ研磨仕上げにより、堅牢さとスタイリッシュさを両立。内部には40mmフルレンジスピーカーを2基搭載し、コンパウトながら高品位なサウンドを実現するとしている。

ONE(ワン)

BluetoothはVer.3.0で、対応プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSP。NFCにも対応しており、ワンタッチペアリングが可能。また、オーディオ入力端子を装備しており、Bluetooth対応デバイスがない場合でも有線接続での使用ができる。

再生周波数帯域は100Hz〜20kHz、最大出力は12W(6W×2)となる。外形寸法は180W×69H×69Dmm、質量は513g。専用キャリングケースを付属する。

側面

ONYX MINIは、コンパクトかつユニークな形状をした筐体デザインを採用。45mmフルレンジドライバーを2基、本体背面にパッシブラジエーターを搭載し、臨場感ある豊かな厚みのあるサウンドを実現するとしている。カラーはブラック/ホワイト/ブルー/レッドの4色を用意する。

BluetoothはVer.4.1で、対応プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP。3台までの同時接続が可能で、接続したデバイスのうち最後に再生ボタンを押したデバイスの音楽が再生される。交互に音楽再生ができるソーシャルモード機能も備える。また、「Harman Kardon Wireless Dual Sound機能」の搭載により、別のONYX MINIとワイヤレス接続して2台同時の音楽再生も可能。

ONYX MINI(オニキス ミニ)

再生周波数帯域は75Hz〜20kHz、最大出力は16W(8W×2)となる。外形寸法は158W×145H×95Dmm、質量は587g。

背面部

いずれのモデルも、ハンズフリー通話に対応。独自のノイズキャンセリングシステムを搭載しクリアで高音質な通話を実現するとしている。

電源はリチウムイオン充電池を内蔵し、充電時間は約3時間。連続再生時間はONEが最大約10時間、ONYX MINIが最大約5時間となる。
新着記事を見る
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドHARMAN/KARDON
  • 型番ONE
  • 発売日2016年11月下旬
  • 価格¥OPEN(直販サイト価格17,800円(税抜))
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドHARMAN/KARDON
  • 型番ONYX MINI
  • 発売日2016年11月下旬
  • 価格¥OPEN(直販サイト価格15,880円(税抜))

関連記事