USB接続時にはハイレゾ再生も

オーディオテクニカ、フルデジタル伝送/aptX HD対応のBluetoothヘッドホン「ATH-DSR9BT」

編集部:小澤 麻実
2016年10月13日
オーディオテクニカは、デジタル信号処理技術「Dnote」や、ハイレゾ相当の音をワイヤレス伝送できるaptX HDなどに対応したBluetoothヘッドホン「ATH-DSR9BT」「ATH-DSR7BT」を11月25日に発売する。

ATH-DSR9BT ¥OPEN(予想実売価格60,000円前後)


ATH-DSR9BT

音声信号をデジタルのままドライバーに伝送できる新技術「ピュア・デジタル・ドライブ」を採用したのが大きな特徴のBluetoothヘッドホン。Bluetooth接続時も、デジタルのままドライバーまで伝送できる。

「ピュア・デジタル・ドライブ」は、電気回路内にデジタル信号処理技術「Dnote」を採用することで、デジタル信号をアナログに変換することなく、L/Rの信号をそれぞれ独立させた状態で専用D/Aドライバーのボイスコイルに入力。デジタル信号をそのまま振動板を振動させる力に変換することで、鮮明な音を実現することができるという。

入口から出口までデジタルで伝送できるため、音質劣化を防げると説明

専用D/Aドライバーは、DSR9BTのために設計された新開発のφ45mm“トゥルー・モーション”D/Aドライバー。4芯撚り線構造の高純度7N-OFCショートボイスコイルにより、デジタル信号の情報量を余さず振動板へ伝達するという。磁気回路には、駆動力を極限まで引き出すという純鉄一体型ヨークを採用。

DSR9BTのドライバー構造


振動板には剛性を高めるDLC(Diamond Like Carbon)コーティングを施すことで、高域特性を飛躍的に向上させたとのことだ。また、ハウジング内部は音響スペースと電気回路スペースを分けており、空気の流れをスムーズにすることで振動板の駆動を邪魔しないアイソレーション設計を採用。さらに振動板前後の空間を仕切るダンパーを配置することで、不要な低域成分の伝播を最適化。高レスポンスで抜けの良い音を再生できるとしている。

ハウジングはアルミニウム製。3点ネジ留めすることで、不要振動を抑えている。接続中のコーデックが分かるインジケーターも用意。一番左がSBC、中央がAAC、一番右がaptX HD対応時に点灯する。

ハウジングは3点ネジ留めして不要振動対策を施している

接続中のコーデックが分かるインジケーターも用意

Bluetoothはver.4.2。対応プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSP。コーデックはAACやaptXに加え、Bluetoothで24bitソースを伝送できる「aptX HD」(関連記事)にも対応している。本日、Astell & KernのDAP「AK380/AK320/AK300/AK70」がaptX HDに対応する最新ファームウェアを発表。これらの製品と組み合わせて“至高のBluetoothサウンド”を楽しむことができるとしている。

aptX HDにも対応し、より情報量の多い音をワイヤレスで楽しめるとアピール


ハウジングには操作ボタン類を用意。左写真内の一番右側は物理ボタンではなくタッチボタンになっている
また、PCとUSB接続した際は、44.1kHz〜96kHz/24bitまでのハイレゾ音源の再生が可能だ。192kHz/24bitまでとしなかったのは、専用ドライバーソフト等の必要なく楽しめるからとのことだ。

密閉ダイナミック型で、再生周波数帯域は5Hz〜45kHz、インピーダンスは38Ω。専用USBコード(2.0m、USB typeA - microB)が付属する。

ヘッドバンドの調整機構はアルミ製で軽量化を図っている。このなかに11本ものケーブルが入っているとのこと

約4時間の充電で、約15時間の連続再生が可能。同社の既存フルデジタルヘッドホン(ATH-DN1000USB等)と比べて小型化も実現し、持ち運びやすく。本体質量も約315gとした。

クッション性の高いイヤーパッドを採用


ATH-DSR7BT ¥OPEN(予想実売価格33,000円前後)


ATH-DSR7BT

本機も「ピュア・デジタル・ドライブ」を採用し、デジタル伝送が可能。DSR9BTが完全新規設計だった一方、DSR7BTは「ATH-MSR7」の音質をワイヤレスで実現することを目指して開発されたという。

デザインもMSR7に似ている

ドライバーはDSR7専用に設計されたφ45mm“トゥルー・モーション”D/Aドライバー。DSR9BTとは構造が全く異なり、こちらは専用振動板と、レスポンスに優れた音を引き出すショートタイプのボビン巻きボイスコイルを採用。またドライバーの特性に応じた最良の位置にふたつの音響抵抗材(センター/アウター・レジスター)を配置することで、バランスの取れた自然なサウンド再生を実現するという。

ハウジングはDSR9BTと同じくアルミ製。音響スペースと電気回路スペースもアイソレーションされている。そして音響スペースの最適なポジションにベントを配置することで、空気の流れをコントロールし深みのある低音を実現するとのことだ。

こちらもハウジングにはインジケーターを用意

ヘッドバンドの調整機構部はステンレス製

Bluetoothはver.4.2。対応プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSP。コーデックはAACやaptXに加え、Bluetoothで24bitソースを伝送できる「aptX HD」(関連記事)にも対応している。

操作部はDSR9BTと共通

USB端子も備えている

また、PCとUSB接続した際は、44.1kHz〜96kHz/24bitまでのハイレゾ音源の再生が可能だ。

密閉ダイナミック型で、再生周波数帯域は5Hz〜40kHz、インピーダンスは35Ω。専用USBコード(2.0m、USB typeA - microB)が付属する。

約4時間の充電で、約15時間の連続再生が可能。本体質量は約300g。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAUDIO-TECHNICA
  • 型番ATH-DSR9BT
  • 発売日2016年11月25日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格60,000円前後)
【SPEC】●型式:密閉型 ●ドライバー:φ45mmダイナミック型ドライバー ●再生周波数帯域:5Hz〜45kHz ●インピーダンス:38Ω ●出力音圧レベル:97dB/mW ●Bluetoothバージョン:Ver.4.2 ●対応プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP ●対応コーデック:Qualcomm aptX HD audio/Qualcomm aptX audio/AAC/SBC ●充電時間:約4時間 ●連続駆動時間:通話/音楽再生時…約15時間、待受時…最大 約1,000時間 ●質量:約315g
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAUDIO-TECHNICA
  • 型番ATH-DSR7BT
  • 発売日2016年11月25日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格33,000円前後)
【SPEC】●型式:密閉型 ●ドライバー:φ45mmダイナミック型ドライバー ●再生周波数帯域:5Hz〜40kHz ●インピーダンス:35Ω ●出力音圧レベル:100dB/mW ●Bluetoothバージョン:Ver.4.2 ●対応プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP ●対応コーデック:Qualcomm aptX HD audio/Qualcomm aptX audio/AAC/SBC ●充電時間:約4時間 ●連続駆動時間:通話/音楽再生時…約15時間、待受時…最大 約1,000時間 ●質量:約300g

関連記事