ハイブリッド型。フィルターで音質調整も

AKG、“3つの史上初” 実現したイヤホン「N40」。ハイレゾ・リケーブル・耳掛け対応

編集部:小澤 麻実
2016年07月14日
ハーマンインターナショナルは、同社が取り扱うAKGブランドから、初のハイレゾ対応イヤホン「N40」を8月上旬に発売する。価格はオープンだが、同社直販サイトでは45,880円(税抜)で販売される。

AKG「N40」

プラグ部もAKGロゴ入りだ

AKGのイヤホン/ヘッドホンで初めてハイレゾロゴを取得。さらに、AKGイヤホンで初めてMMCXコネクターによるリケーブルに対応。そして上位機種K3003と同じくハイブリッド構成で、3種類のフィルター交換による音質チューニングにも対応したのが大きな特徴だ。耳掛け式のスタイルで、遮音性を高めるとともにタッチノイズを低減する。

AKGイヤホンで初めてMMCXコネクターによるリケーブルに対応

3種類のフィルター交換による音質チューニングにも対応

2011年の登場以来いまも同社イヤホンのフラグシップである「K3003」(税抜価格148,000円)の下のラインナップは「N20U/N20U」(税抜15,880円/14,880円)で、価格帯に開きがあった。今回の「N40」はその間を埋める“K3003の弟モデル”とも言えるだろう。

ドライバーは、高域用にノウルズ社製BAドライバー1基と、低域用にφ8mmダイナミックドライバー1基を搭載したハイブリッド構成。K3003と同じく電気的ネットワークを搭載せず、アコースティックな調整を行うことで自然な音のつながりを実現したという。また、N20などにも採用された「ベンチレーション・システム」により、振動板の振幅時に発生する背圧を最適化。広々とした空間表現が可能とのことだ。再生周波数帯域は10Hz〜40kHzで、日本オーディオ協会のハイレゾロゴを取得している。

ハウジングに孔を設けるベンチレーション・システムにより広々とした空間表現を実現する

ケーブルは着脱可能。MMCXコネクター採用で、サードパーティのケーブルに交換して音の違いを楽しむこともできる。付属のケーブルは長さ1.2mで、通常タイプのものに加えリモコン付きケーブルも用意。リモコンはスイッチでiOS/Android対応を切り替えられるユニバーサルタイプのものだ。

さらに、3種類のフィルター交換による音質チューニングにも対応。フィルターは、シンバル、ピアノ、ヴァイオリンなどの高域をクリアに表現する「HIGH BOOST」、中庸なサウンドバランスを実現する「REFERENCE」、ベースやドラムの低音域を増強する「BASS BOOST」という透過性の異なる3種類を用意。交換に特別な道具は必要なく、ネジ式で簡単に着脱できる。

ハイ・ブースト(写真一番下)から順に1層・2層とフィルターの網目が濃くなっている


フィルター交換は特別な道具は必要なく、手だけで簡単に行える
本体質量は22g。インピーダンスは20Ω、感度は109dB/mW。付属品として合計4サイズのイヤーチップ、専用キャリングケース、フライトアダプター、クリーニングツールが用意されている。

新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAKG
  • 型番N40
  • 発売日2016年8月上旬
  • 価格¥OPEN(直販サイト価格 税抜45,880円)

関連記事