専用台やバランス出力アダプター、イヤホンも

【CES】写真で見るAstell&Kernの最上位ハイレゾDAP「AK240」

ファイル・ウェブ編集部
2014年01月09日
既報の通り、2014 International CESの開催にあわせ、Astell&Kernのポータブルデジタルオーディオプレーヤー「AK240」が発表された。CESではベネチアンにブースを構え、AK240をさっそく公開している。

本機は、AK100 MKIIやAK120の上位機にあたる、Astell&Kernのポータブルオーディオプレーヤー最上位機。価格は未定だが、AK120よりさらに高価になることは確実だ。販売時期は2014年第1四半期。初期ロットの数は少なくなりそうだという。

それだけに、仕様は豪華だ。同社では本機をポータブル用途だけでなく、家庭内で使用するトランスポート/プレーヤーとして使うことも想定している。まだ試作段階だが、本機を置くためのジュラルミン製の台もブースで見ることができた。

筐体は航空機グレードのジュラルミンを採用し、削り出し加工を行っている。AK120などに比べてさらに高精度な加工が施されているため、量産には適さないが、剛性が非常に高く、なおかつ軽量だという。手に持ってみると、本体右側、ボリュームノブの上下の部分がちょうど指に掛かり、AK120より絶対的なサイズは大きいのだが、持ちにくさを感じさせない。また、ジュラルミンの質感も高く、高級感たっぷりだ。なお、質量は185gとなっている。

Astell&Kern「AK240」

背面部はカーボンファイバープレートが用いられている


上部は電源スイッチと3.5mmアンバランス出力、2.5mmバランス出力を装備

底面にはマイクロUSB端子を備える


側面。右上にmicroSDXCカードスロットが見える

従来機(右)とのサイズ比較


専用の置き台にセットしたところ

ボリュームノブなど、工作精度は非常に高い

本体背面はカーボンファイバー素材のプレートを採用し、これも軽量性と剛性の確保に役立っている。なお、このカーボンファイバーは、特殊な表面加工により、見る角度によって模様が動くような視差効果を得ている。

液晶ディスプレイは3.31型の有機ELで、これまでのAKシリーズに比べ大型化。これに合わせてユーザーインターフェースも新しくなり、楽曲のリストを一覧で見るなど、各種操作が行いやすくなっている。

本体上部には3.5mmアンバランス出力端子と2.5mmバランス出力端子を装備。3.5mm端子は光デジタル出力端子としても使用できる。またUSB-DACとしても使用可能だ。

なお、本機を家庭内で使用する場合を考え、据え置きアンプにバランス出力するためのアダプターも同社ブースで見ることができた。2.5mmのバランス出力端子から音声を出し、アースは3.5mmのアンバランス出力端子から取るという。このため両方の端子を塞ぐ構造となっている。

2.5mm端子からバランス出力が可能

バランス出力用アダプター。アースを取るために3.5mmアンバランス出力端子も使用する

DACチップはシーラスロジック製の「CS4398」で、これを左右独立で搭載している。CS4398を採用したのは、主に5.6MHz DSDのネイティブ再生に対応するため。最大192kHz/24bit、32bit(Float/Integer)、最大DSD128(5.6MHz/1bit)ネイティブ再生に対応している。

内蔵メモリーは256GB。128GBのメモリーモジュールを2基使用しており、「これを1つのメモリーとして見せるのは結構難しい」(日本販売元であるアユートの藤川氏)という。そのほか、側面には最大128GBまでのexFAT対応microSDXCカードスロットを1基搭載しており、最大384GBの容量(システム領域などを含む)を実現している。

ブースには、FitEarが試作したという2.5mmバランス出力仕様のイヤホンを展示している。

ボリュームをマックスにするとラインアウトモードになる

FitEarが試作したバランス出力対応イヤホン

さらに、JH Audioのジェリー・ハーヴィーの名を冠した、Astell&Kernブランドのイヤホンも展示。このイヤホンは12ドライバー構成の「Roxanne」をベースにしたもので、アンバランスタイプとバランスタイプを用意。AK240とセット販売するほか、Astell&Kernとして個別に販売することも予定しているという。

Astell&Kernブランドの「Roxanne」(バランス型)

Astell&Kernブランドの「Roxanne」(アンバランス型)

関連記事