宅外へのデジタルリモート配信を実現

アイ・オー、「DTCP+」に初めて対応したNAS「RECBOX+REMOTE」

ファイル・ウェブ編集部
2013年01月16日
アイ・オー・データ機器は、「DTCP-IP バージョン1.4(DTCP+)」規格に初めて対応したネットワークHDD(NAS)“RECBOX+REMOTE”「HVL-A」シリーズを2月下旬から発売する。

ラインナップにはHDDの容量が異なる3製品が揃う。販売価格は下記の通り。

HVL-A2.0(2TB)/¥27,720(税込)
HVL-A3.0(3TB)/¥36,645(税込)
HVL-A4.0(4TB)/¥52,290(税込)


RECBOX+REMOTE”「HVL-A」シリーズ
「DTCP-IP バージョン1.4(DTCP+)」は、DTLAがライセンスしている著作権保護技術(DRM)により保護されたコンテンツを伝送するための技術規格として、作年1月にDTCP-IPの仕様を拡張し策定された。従来のDTCP-IPの規格では、DRM付のデジタルコンテンツをAV機器間でストリーミング視聴、またはムーブする際にはホームネットワークの範囲内での使用に限られていたが、「DTCP+」の対応機器どうしならばインターネットを介して外出先からモバイル機器で視聴できるようになる。

アイ・オー・データから発表された“RECBOX+REMOTE”(以下:RECBOX)では、インターネットに接続した本体に録画したコンテンツへ、宅外から「DTCP+」対応クライアント機器でアクセスしてストリーミング視聴が行える。

DTCP-IP対応のレコーダーや録画機能を搭載したテレビから、ホームネットワークを介してRECBOXへ録画コンテンツをムーブしておき、RECBOXにバンドルされるWindows専用アプリケーション「DiXiM Digital TV 2013 for I-O DATA」をインストールしたPCを使って、インターネット経由でリモート視聴が可能。「DTCP+」技術を採用したDigiOn社の提供するリモート接続サービス「DiXiM Remote」に対応する視聴機器であれば、インターネット経由でのリモート視聴が行える。


本機の背面端子部

アプリケーション「DiXiM Digital TV 2013 for I-O DATA」をバンドル
「DTCP+」の技術ではリモート接続方式の標準化がまだ行われていないため、「DTCP+」対応機器どうしでも接続方式が異なれば利用できないケースも今後出てくる可能性があるという。アイ・オー・データではRECBOXを先行して市場へ投入したのち、DigiOn社との協業を通して接続サービス「DiXiM Remote」のデファクト化を目指す。

なお、RECBOXに録画したコンテンツを宅外から操作できる機器については、発売時点ではバンドルされるアプリケーションをインストールできるWindows PCのみとなり、スマートフォンやMacで利用することはできない。それぞれのプラットフォームについて、アイ・オー・データは今後対応を検討していく考えだという。

「DTCP+」技術の規定により、あらかじめRECBOXとクライアント機器をペアリングしておく必要がある。ペアリング登録が可能な機器の上限は20台まで。外部クライアント機器からRECBOXへアクセスして、放送中のコンテンツをライブ再生することは不可となるため、コンテンツを視聴する際には番組終了後、RECBOX上のストレージへムーブする必要がある。

RECBOXに宅外からリモートアクセスして、ストリーミング視聴が行える機器は同時に1台まで。本機はホームネットワークに接続したテレビなどクライアント機器へ最大3本のストリームを同時に配信できるが、「DTCP+」技術によるリモート配信は1本までに制限されている。

「DTCP+」ではDRMコンテンツのMPEG-TS以外のコンテナ伝送にも対応しており、レコーダーの長時間モードなどでビットレートを抑えつつ圧縮録画したコンテンツをストリーミング配信することも可能だ。ただしユーザーが視聴する際のネットワーク環境は条件が様々に異なるため、アイ・オー・データとしては本機でリモート視聴をスムーズに楽しむためは、レコーダー側で圧縮録画したファイルを準備しておくことを勧めている。

ほかにもDTCP-IP対応のNASとしての機能も充実させている。「スカパー!プレミアムサービスLink」対応チューナーをはじめ、東芝“REGZA”、日立“Wooo”、シャープ“AQUOS”と組み合わせたダビングに対応する。RECBOX上のコンテンツを東芝“REGZAブルーレイ”、パナソニック“DIGA”へムーブして、編集後にBDディスクなどに記録できるムーブアウトにも対応する。また富士通のスマートフォン「ARROWS」シリーズでは、RECBOXに保存した番組をホームネットワーク内でストリーミング視聴することも可能。視聴時はスマートフォンに標準搭載されている「DiXiM PLAYER」を使う。

SCEのネットワークレコーダー&メディアストレージ「nasne」との連携にも対応した。通常のダビング対応のほか、nasneで録画が完了したコンテンツをRECBOX側からコントロールしてムーブできる“ダウンロードムーブ”が行える。なお製品出荷後のファーム更新により、nasneなどダウンロードムーブに対応する録画機器に保存したコンテンツをRECBOX側からコントロールして自動でダウンロードムーブできる機能や、SD解像度の映像をダウンロードする機能にも対応を予定している。


nasneとの連携機能も充実する
本体前面にはUSB端子も設けられており、静止画やAVCHD動画、音楽ファイルを直接インポートできる。またホームネットワーク内ではiOS/Androidスマートフォン、タブレットで利用できるリモコンアプリ「Magical Finder」を利用して、RECBOX内のコンテンツが操作できる。

ほかにもチューナーからのアクセスがない場合は自動的にハードディスクの回転を止めてスタンバイモードに以降する「省電力スタンバイモード」も備える。


また、既発売のDTCP-IP対応“RECBOX”「HVL-AV」シリーズに、従来ダウンロード添付していた「DiXiM Digital TV for I-O Data」のCD-ROMをバンドルした「HVL-AVDT」シリーズも2月上旬から発売される。


「HVL-AVDT」シリーズ
内蔵HDDの容量が異なる2モデルが発売され、2TBの「HVL-AV2.0DT」が25,410円(税込)、3TBの「HVL-AV3.0DT」が33,285円(税込)で販売される。CD-ROMが添付されること以外、製品の仕様はHVL-AVシリーズに同じとなる。


【問い合わせ先】
アイ・オー・データ機器 インフォメーションデスク
TEL/0120-777-618
新着記事を見る
  • ジャンルハードディスクドライブ
  • ブランドI-O DATA
  • 型番HVL-A2.0
  • 発売日2013年2月下旬
  • 価格¥27,720(税込)

関連記事