16GBのmicroSDを同梱

ソニー、“Sony Tablet Pシリーズ”にWi-Fiモデルを追加 − 着せ替えパネルにも新色

ファイル・ウェブ編集部
2012年03月22日
ソニーは、“Sony Tablet Pシリーズ”にWi-Fiモデル「SGPT213JP/H」を追加し4月21日より発売する。価格はオープンだが5万円前後での実売が予想される。また、Pシリーズ用の着せ替えパネルにも新色3モデルを追加し同時発売する。着せ替えパネルは5,000円前後での実売が予想される。

“Sony Tablet Pシリーズ” Wi-Fiモデル

本体色はグレー

すでに発売中の3G+Wi-Fiモデルから3G通信機能を省いた以外は、基本的なスペックは共通。カラーは3Gモデルがシルバーで展開しているのに対し、Wi-Fiモデルはグレー。ガンメタリックをコンセプトに、ざらっとした手触りの質感を採用。これにより指紋も付きにくい仕様になっているという。

側面の様子

内蔵フラッシュメモリー容量は3Gモデル同様4GBだが、同梱のmicroSDカードが16GBのものに変更される。なお、3Gモデルは引き続き2GBのmicroSDカード同梱で販売される。

3Gモジュールを省いた分だけ質量が若干軽くなり、3Gモデルが約372gなのに対してWi-Fiモデルは約356gとなった。また、Wi-Fiでのウェブ閲覧時には約6.6時間(3Gモデルは約6.1時間)、スタンバイでは約260時間(3Gモデルは約120時間)とバッテリー持続時間も長くなった。

そのほかのスペックは共通で、Androidのバージョンは3.2。ただし本日同時発表されているように、Sony Tablet全モデルにおいて4月下旬にAndroid 4.0へのアップデートが行われる。

着せ替えパネルは「ゴールド」「ブルー」「ピンク」の3色を追加。発売中のブラックとホワイトに施されている、細かな傷を自然に目立たなくするスクラッチリペア技術は採用せず、これにより価格を抑えるとともに、鮮やかな発色も実現させたという。

着せ替えパネルにも3色を追加

横から見たところ
新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドSONY
  • 型番SGPT213JP/H
  • 発売日2012年4月21日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格50,000円前後)
【SPEC】●OS:Android 3.2 ●外形寸法:180W×26H×79Dmm(閉じた状態) ●質量:約356g