既存楽曲のアップグレードも可能

【更新】アップル、iTunes Store全曲をAAC 256/DRM無しの「iTunes Plus」に

ファイル・ウェブ編集部
2012年02月22日
アップルは、日本の「iTunes Store」で販売している楽曲の全曲を、AAC 256kbpsでエンコードし、DRMフリーの「iTunes Plus」仕様に変更した。

これまでは、多くの楽曲が128kbpsのAAC、DRM付きで提供されていたが、今後は全曲が「iTunes Plus」で提供される。iTunes販売楽曲の音質が大幅に向上するほか、DRMが撤廃されることで利便性も大きく高まる。

これまでに購入した楽曲をiTunes Plusにアップグレードすることも可能で、アップグレード価格は150円の楽曲の場合が50円、200円の楽曲の場合は70円。アップグレードすると既存の楽曲はアップグレードした楽曲に置き換えられ、既存のファイルを削除するか、またはダウンロード時にデスクトップに移動するかを選択できる。

※編集部から記事内容に関するお知らせ

記事初出時、iTunes Plusの対象曲をiTunes Store内の「大半の楽曲」と表記しておりましたが、これを「全曲」と改めました。読者のみなさまにお詫びし訂正いたします。

初出時に「大半の楽曲」と表記したのは、記事執筆時点で、iTunes Store内のiTunes PlusのFAQページに「iTunes Store内の楽曲すべてがiTunes Plus」で提供される」という表記と、「レーベルが楽曲をiTunes Plusで提供しない場合は、これまでどおりの仕様で提供される」という旨の表記が混在し、矛盾していたことが理由の一つです。

また編集部で確認したところ、iTunes Store内から既存の楽曲をアップグレードするページで、44曲の手持ち楽曲のうち29曲しかアップグレード対象にならず、なおかつアップグレード非対象だったコンテンツをもう一度購入し直した場合でも、本日午前の段階では128kbpsのDRM保護コンテンツがダウンロードされたことにより、「全曲」という表記を控えて記事化しました。

記事掲載後、アップルに確認したところ、FAQの「レーベルが楽曲をiTunes Plusで提供しない場合は、これまでどおりの仕様で提供される」という旨の表記は誤りであったことがわかりました。

また、アップグレード非対象のコンテンツがあることは、この注記を書いている時点でも依然として確認できますが、再度アップグレード非対象コンテンツを購入し直したところ、256kbpsのDRM無しコンテンツがダウンロードされ、iTunes Plusの音源が用意されていることがわかりました。

さらに、アップルの公式見解としてもiTunes Store内全曲がiTunes Plusであることが確認できました。

これらのことから、試した際の現象が一時的なものだったと判断し、表現を改めました。ご理解を頂けたら幸いです。

関連リンク