接続機器の映像を子画面で確認可能に

オンキヨー、世界初の「InstaPrevue」「MHL」搭載AVアンプをCESで公開

ファイル・ウェブ編集部
2011年12月22日
オンキヨーは、シリコンイメージ社の「InstaPrevue」と「MHL」技術を搭載したAVアンプを開発した。両技術に対応したAVアンプは世界初。

InstaPrevueは、ディスプレイ上のメイン画面に小さなサブ画面を表示し、AVレシーバーに接続されているHDMI入力やMHL入力の再生映像をプレビューする技術。ブルーレイ、DVD、ゲームや他のHDMI・MHL対応機器との入力切り替えが、サブ画面で確認しながらテキストベースでの選択ができるようになる上、入力切替を行わなくても、各ソース機器の映像を子画面で確認できる。

10月にシリコンイメージ社が開催したプライベートセミナーでのInstaPrevueデモ画面

MHL(Mobile High Difinision Link)は、HDオーディオ/ビデオの接続規格。モバイル端末からMicroUSBと同じ形状の端子で1080pの非圧縮映像と8ch分のデジタル音声を伝送でき、HDCPコンテンツもサポートしている。

今回開発したモデルでは、MHL対応モバイル端末で映像を出力しながら、AVアンプから給電することでモバイル端末の充電を行うことも可能。映画など長時間の動画を再生する場合でも充電切れの心配はない。またAVアンプ側からMHL対応モバイル端末をコントロールすることもできる。

同じくシリコンイメージ社のプライベートセミナーでのMHLのデモ画面。モバイル端末に充電できる

現時点で型番やスペック、製品写真などの詳細は公開されていないが、2012年1月10日からラスベガスで開幕するCES2012の同社ブースに出展するという。また、シリコンイメージ社もInstaPrevueやMHL技術に関するデモを行う予定だ。

なお、InstaPrevueやMHLについては今年10月にシリコンイメージ社がCEATEC JAPANに合わせて開催したプライベートセミナーで詳細を説明(関連ニュース)。InstaPrevueの解説に加え、サムスン製スマートフォン「GALAXY S II」と、東芝がオーストラリア市場に向けて展開する液晶テレビ「55WL863」を使ったMHLのデモなどを披露していた。

「GALAXY S II」に保存したHD動画を再生するデモなどを実施していた

関連リンク