コントローラーはAndroid OS採用

【情報追加】エプソン、シースルー表示対応のヘッドマウントディスプレイ“MOVERIO”を発表

ファイル・ウェブ編集部
2011年11月09日
エプソン販売(株)は、世界で初めて表示画面と周囲の状況を同時に確認できる“シースルー表示”に対応した、3D/2D対応モバイルビューアー“MOVERIO”(モベリオ)「BT-100」を11月25日に発売する。

“MOVERIO”「BT-100」

“MOVERIO”装着時

価格はオープンだが、5万円台後半での販売が予想される。直販サイトのエプソンダイレクトでも同日に発売され、価格は税込みで59,980円となる。エプソンは9日、本製品の発表会を開催した。


コントローラーはAndroid OSを搭載した

ビューアー部
コンシューマー用ヘッドマウントディスプレイとして、世界で初めて映像を表示する画面と周囲の状況が同時に確認できる「シースルー表示」に対応した商品。ビューアー部と別筐体のコントローラーで構成される。


新しいシリーズネーム“MOVERIO”が冠された
シリーズ名の“MOVERIO”には、「Mover」(移動:Move)と「Movie」(映画)という意味がかけられており、移動の際にも高画質で映画などを楽しめるというコンセプトが込められている。また「IO」の語には、公共の場をはじめとした様々な場所とパーソナルな世界とをつなぐインターフェースという意味も含まれているという。


メニュー画面。写真は発表会展示用に用意されていたディスプレイを撮影したもの
コントローラー部はAndroid 2.2をプラットフォームに採用。中央のタッチパッドで、スマートフォンやタブレットと同様のタップ入力操作が可能で、直感的にコントロールできる。マルチタッチには非対応。Android OSのアップデートについては予定されていない。

microSDカードスロットをコントローラー部に備え、microSDメモリーカードに保存したMPEG4/H.264形式の動画ファイルや、AAC/MP3形式の音楽ファイルが再生できる。なおHDMIなどの映像/音声入力端子は備えておらず、microSD内のコンテンツ、もしくはウェブコンテンツしか表示できない。Wi-FiはIEEE802.11b/g/n規格をサポートする。

microSDカードスロットを装備

コントローラー側面にロックボタンとボリュームボタンを配置

電源はコントローラー部にリチウムポリマー充電池を内蔵し、フル充電時に約6時間の動画連続再生が行える。ディスプレイ側への電源供給はコントローラー部と接続した専用ケーブルで行う。

コントローラの接続端子部

コントローラーからのケーブルはビューワーのツルの両端に伸びている

ビューワー部は高温ポリシリコンTFT液晶採用の0.52型ワイド液晶を左右に内蔵。解像度はそれぞれQHD(960×540ピクセル)。表示される映像の輝度は約200カンデラ、画角は約23度、色表示は24bitをカバーする。エプソン独自の光学技術と高精細ディスプレイを搭載し、視覚的効果を利用して“遠くを見れば見るほど大きく見える”という、20mの仮想視聴距離で320型相当の画面表示を可能にした。

左右両目用の映像を投射

20mの仮想視聴距離で320型相当の画面が表示できる

メガネの本体側面内部には独自開発の液晶マイクロディスプレイ「ULTIMICRON」パネルを内蔵。レンズから投射された映像を導光板でフロント側のハーフミラー層に導くことで、映像をビューワー部に、目の前に浮かぶように結像させる。

液晶マイクロディスプレイ「ULTIMICRON」パネルを内蔵

投射された映像は導光板によりハーフミラー部に導かれ、映像が表示される

ビューワー部には取り外し可能なシェードが装着でき、画面の暗さをコントロールすることができる。フィルターを外すとビューワー部はほぼ完全に透明になり、より周囲の環境が見やすくなる。もちろんフィルターを外した状態でも映像の視聴が楽しめる。

ビューワー部には画面の明るさ調整のための、取り外し可能なフィルターが付けられる

黒い部分が取り外し可能なフィルター


フィルターを外したところ

フィルターを外した状態で装着しても視聴が楽しめる
通常の2D映像のほか、サイドバイサイド表示の3D映像も視聴でき、YouTubeにアップされている、サイドバイサイドの3D映像なども視聴可能だ。なお、2D/3D変換機能は搭載していない。

家庭用ビデオカメラで撮影した映像も、本機で読み込み可能な動画ファイル形式であれば、microSDカードに書き出して、本機で再生して楽しめる。なお元のサイズがQHDと異なる場合は、本機でスケーリングを行い表示する。

ディスプレイ部のかけ心地を調整できるよう、サイズを2種類揃えた鼻パッドや、メガネをかけながらでも快適な装着感を得るため、本体内側側面に取り付けられるメガネフックも2個付属する。

ビューワー部を内側から見たところ。鼻パッドは取り外しが可能で、2サイズの交換用パーツが付属する

メガネをかけた状態でも快適な付け心地を実現するため、内側に高さ調整が可能なメガネフックが取り付けられる


ツルの内側にはクッションを配置して装着性を高めている

本体側面外側にはブランドロゴを配置
ビューアー部のツルの下の両側部分にはイヤホン出力端子を搭載。付属のモノラルイヤホンを1本ずつ接続し、音声を聴くこともできる。またDolby Mobileを採用し、サラウンド感のある音声もイヤホンで再現する。

側面下側には付属イヤホン用端子を設けた

なお音声出力端子はコントローラ部にも設けられており、これに通常のステレオイヤホンやヘッドホンを接続することでステレオ音声を聴くこともできる。ケーブルの分岐部にはミュートボタンを設けている。

Androidをベースにエプソンが独自に開発したUIを採用。アプリもいくつかプリインストールされており、ギャラリー(映像視聴)/ミュージック(音楽再生)/ブラウザ/時計/電卓などが使用できる。

ギャラリーアプリを起動すると、microSDカードに保存された動画ファイルのサムネールが表示される

コントローラーには容量1GBのユーザーメモリーが内蔵されており、Androidマーケットには非対応であるが、アンドロイド情報サイト「andronavi」や「AndroApp」などからアプリをインストールし、後から機能を追加こともできる。なおSkype通話やセカイカメラ、GPSアプリなど、本機では利用できないアプリもある。

本機で対応するAndroidアプリを追加インストールすることも可能

コントローラ部にはタッチパッドが備えられ、前述の通り、メニュー操作やウエブブラウジングなどの操作は、タッチパッド部をタップしながらスマートフォン感覚で操作できる。ソフトウェアキーボードによる文字入力にも対応しており、Androidオリジナルキーボードのほか、変換予測候補機能が使えるiWnnキーボードも利用できる。




【問い合わせ先】
エプソン 液晶プロジェクター インフォメーションセンター
TEL/050-3155-7010
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドマウントディスプレイ
  • ブランドEPSON
  • 型番BT-100
  • 発売日2011年11月25日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格5万円台後半)
【SPEC】●方式:高温ポリシリコンTFT ●パネルサイズ:0.52型ワイドパネル(16対9) ●パネル画素数:960×540×RGB ●画角:約23度 ●仮想画面サイズ:320インチ(仮想視聴距離20m時) ●色再現性:24bit ●プラットフォーム:Android 2.2 ●対応動画フォーマット:MPEG4/H.264 ●対応音声フォーマット:MP3/AAC ●3D対応:サイドバイサイド ●ユーザーメモリ:1GB ●外部メモリ:microSD/SDHCカード ●接続端子:microSDカードスロット、ヘッドセット接続端子、ステレオミニジャック、付属イヤホン専用端子、microUSB端子 ●電源仕様:リチウムポリマー充電池 ●無線規格:IEEE802.11b/g/n ●駆動時間:約6時間(動画ファイル連続再生時) ●外形寸法:205W×178H×47Dmm(ビューワー)、67W×107H×19Dmm(コントローラー) ●質量:240g(ビューワー/ケーブル含まず)、165g(コントローラー)