高画質と省エネの両面に配慮

日立、「S-LED」搭載の液晶テレビ“Wooo”「L46-S08」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年09月29日
日立コンシューマエレクトロニクス(株)は、独自の光学システム「S-LED」パネルを搭載した液晶テレビ“Wooo”「L46-S08」を11月中旬に発売する。価格はオープンだが30万円前後での実売が予想される。

L46-S08

本機のリモコン

独自開発した光学システム「S-LED」を搭載。バックライトを細分化し、映像信号に応じてエリアごとに発光を制御する。また、高度な発光制御を可能にする「バックライトスキャニング」と、映像のコマの間を補完する「液晶倍速120コマ」を搭載するほか、新機能「節電小画面」も搭載し、46V型モデルでありながら表示画面を2段階(32V、20V型)に変更することもできる。

チューナーは地上デジタル2系統とBS/110度CSを1系統装備。HDMI端子は3系統で、ARCおよび1080pに対応している。また液晶パネルはフルHDに対応している。

映像エンジンには「Picture Master 3」を搭載。映像シーンごとのヒストグラム検出精度が従来比2倍になった「アドバンスドダイナミックコントラスト2」や、映像シーンごとに多段階のノイズ低減処理を行える「3次元ノイズリデューサー回路」を新開発で搭載するなどしている。

また、「3次元デジタルカラーマネージメント」が「3次元デジタルカラーマネージメント2」に進化。従来のものに特定4色の彩度、明度、色相補正機能を追加した。

加えて、映像シーンに応じて鮮鋭感をコントロールする「アドバンスドダイナミックエンハンサ」も搭載。2種類の輪郭補正回路により、被写体の凹凸や奥行き感、文字情報もクッキリ表示させるという。そのほか映像ごとに色の情報を的確に分析し、飽和を抑えながら色の階調を表現するという「カラーリミッター」も備えている。

高解像化技術では、超解像技術「ピクセルマネージャーSG」を搭載。入力される映像を分析して最適な高解像度化を行い、きめ細やかでクリアな美しい映像表現を実現するとしている。

そのほかの機能では聴環境に応じて画質を自動調整する「インテリジェントオート高画質3」を搭載。明るい部屋での視聴や明るい映像を表示した場合でも画面の明るさを抑えて消費電力を抑える節電機能「センサーオートeモード」にも対応するほか、人感センサーも備えている。

USB-HDDへの録画機能も搭載。別売のUSB接続iVDRアダプターを使用してのiVDR-Sへの録画にも対応している。

デザイン面においては、内部構造材を外装として採用。画面のフレームやスタンドにはアルミが持つ金属の上質な質感を表現したという。

専用アプリケーション「Wooo Remote」によるiPhone/iPadからの操作にも対応。アプリはiOS4.3以降に対応し、iPhone/iPadをリモコンとして利用できるほか、録画番組の操作が可能。iPadで番組表の表示と録画予約が行える有料版も2011年内にリリース予定だという。

【問い合わせ先】
お客様相談センター
TEL/0120-3121-11
新着記事を見る
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドHITACHI
  • 型番L46-S08
  • 発売日11月中旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格300,000円前後)
【SPEC】●サイズ:46V型 ●画素数:1920×1080 ●受信チャンネル:地上デジタル(CATVパススルー対応)×2、BS・110度CSデジタル×1 ●入出力端子:HDMI入力×3、ビデオ入力×2、D4入力×1、音声入力×2、LAN×1、ヘッドホン出力×1、光デジタル音声出力×1 ●消費電力:119W ●外形寸法:106.6W×69.1H×33.0Dmm(スタンド含む) ●質量:19.3kg(スタンド含む)

関連記事