AtoA/AtoC/AtoDに対応

パイオニア、1本で3タイプの端子に対応できる変換アダプター付きHDMIケーブルを発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年08月02日
パイオニア(株)は、1本で3種類のHDMI端子に接続できる変換アダプター付きHDMIケーブル「HDC-FL15MM-K」を8月下旬より発売する。価格はオープンだが、4,000円前後での販売が予想される。コード長は1.5m。

HDC-FL15MM-K

本製品はAtoD、AtoCの変換アダプターを同梱し、1本のHDMIケーブルでAV機器などを接続する標準HDMI端子(AtoA)、ムービーカメラなどを接続するミニHDM端子(AtoC)、デジカメやスマートフォンなどを接続するマイクロHDMI端子(AtoD)の3タイプとして使うことができるのが大きな特徴。変換アダプター接続時にも、「HIGH SPEED with ETHERNET」に対応している。

ケーブル部にフラット構造を採用し、ノイズの干渉を抑えるとともに柔軟性も実現。不要な輻射ノイズを低減する金属シェルシールドも採用している。プラグ部は24k金メッキ。ケーブルをきれいにまとめるL型アタッチメント1つ、コネクターを保護するプラグカバー(Aタイプ)1つを付属する。


【問い合わせ先】
パイオニア
カスタマーサポートセンター
TEL/0120-944-222
新着記事を見る
  • ジャンルHDMIケーブル
  • ブランドPIONEER
  • 型番HDC-FL15MM-K
  • 発売日2011年8月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格4,000円前後)
【SPEC】デジタル伝送速度:10.2 Gbps ●ケーブル幅:14.5mm ●ケーブル厚:2.5mm ●質量:180g