ネット接続テレビ出荷数、2015年には1億3,800万台に − ディスプレイサーチが予測

ファイル・ウェブ編集部
2011年07月07日
米ディスプレイサーチは、インターネットテレビ市場における地域別の長期予測を発表した。


ディスプレイサーチによる地域別の予測
同社の研究によれば、2011年に出荷される薄型テレビの25%以上がネット接続に対応すると発表。2015年には、インターネット対応機種の出荷比率が薄型テレビ全体の47%を占め、出荷数は世界で1億3,800万台にのぼると予測。2015年末までの累計で5億台のネット接続対応テレビが出荷されると予想している。地域別では西欧と北米での出荷率を高く予想し、次いで中国、東欧、日本の順となっている。

また、インドにおける2015年の地上デジタル放送移行が、インターネットテレビにおいても新しい市場を創出すると分析するほか、Wi-Fi環境における家庭内ネットワークの普及が、スマートフォンやタブレットなどのデバイスとテレビの連携強化に繋がっているとしている。加えて、成長するエネルギー規則と消費電力問題が、LEDバックライト搭載テレビの普及に繋がると分析している。

関連リンク