パナソニック、「VIERA Connect」のアプリケーション開発者向けサイトを立ち上げ

ファイル・ウェブ編集部
2011年07月06日
パナソニック(株)は、クラウド型テレビ向けインターネットサービス「VIERA Connect」のアプリケーション開発者向けサイト「VIERA Connect Developers」を7月6日に開設した。


「VIERA Connect Developers」のサイト
「VIERA Connect」は、パナソニックが米欧をはじめ海外市場約100ヶ国において今春より導入・展開しているクラウド型のテレビ向けインターネットサービス。同社がテレビ用に開発したアプリケーション実行エンジンの搭載などにより、テレビにアプリケーション本体をダウンロードせずに使えるクラウド型サービスの特長を活かしたほか、フルHD大画面表示のテレビにおける高速起動・高速応答性能、3Dグラフィックス対応の多彩な表現力を持たせた点などが主な特徴となる。

今回パナソニックは「VIERA Connect」対応のアプリケーションをさらに充実させるため、IPTV用アプリケーションの開発会社であるスウェーデンのAccedo社とパートナーシップを結び、同社運用による「VIERA Connect Developers」サイトを開設。アプリケーション開発のために必要なアプリケーション・プログラム・インターフェースなどの技術情報を提供していく。今回のサービスにより、パナソニックは世界各所の開発者によりオープンな「VIERA Connect」のアプリケーション開発のための環境を提供していく考えだ。