新しい4代目「MISS IFA」をお披露目

IFA2011グローバル・プレスカンファレンス開催 − 規模を拡大しスペインで幕開け

ファイル・ウェブ編集部:山本 敦
2011年04月15日
世界最大のエレクトロニクスショー「IFA2011」のグローバル・プレスカンファレンスが世界40を超える国々から約330人のジャーナリストを集めて、スペイン・アリカンテで現地時間4月14日に開幕した。


IFA2011グローバル・プレスカンファレンスの会場となる、スペイン・アリカンテのホテル「Barcelo Asia Gardens」

遠くに街並みを望むホテルの庭園
IFAグローバル・プレスカンファレンスは、IFAを主催するメッセ・ベルリン社が、世界各国のエレクトロニクス分野を専門とするジャーナリストを一堂に集めて、当年のIFAの展示コンセプトや、新たな展示テーマに関するプレゼンテーションなどを行うイベント。2007年からインターナショナル・プレスカンファレンスとしてスタートし、昨年はアイスランドの火山噴火の影響により開催を見合わせたが、今年はスペイン有数のリゾート地であるアリカンテを舞台に、再び華やかに開催される運びとなった。プレスカンファレンスの開催期間中は、ヨーロッパのエレクトロニクス市場のトレンドを紹介するセミナー形式のイベントや、著名メーカーによるプロダクトショーも開催される。なお、今年のIFA2011は9月2日(金)から9月7日(水)がパブリックにも公開されるメインの開催期間となり、各出展者のプレスカンファレンスやプレイベント「ShowStoppers@IFA2011」も事前に催される予定となっている。


メッセ・ベルリン社 Christian Goeke博士
IFA2011グローバル・プレスカンファレンスカンファレンスの開催初日、14日(木)の夕方にはウェルカム・パーティーが催され、メッセ・ベルリン社COOのクリスチャン・ゲーケ博士が歓迎の挨拶を述べた。

ゲーケ氏は始めに、本イベントに参加するジャーナリストの数が増えていることに喜びと感謝の意を表した。またイベントの国際色もより豊かになり、タイトルが“インターナショナル”から“グローバル”へと拡大したことについてもアピールした。


第4代目となる新しいMISS IFAが登場

夕暮れ刻を迎えたパーティー会場を賑やかなバンドの演奏が盛り上げた
ウェルカム・パーティーでは、IFA2011から起用された新しい「MISS IFA」が紹介され、集まったジャーナリストたちを驚かせた。壇上に立った新しいMISS IFAは、「伝統あるイベント“IFA”のイメージキャラクターを勤められることをとても光栄に思う。世界最大のエレクトロニクス・ショーの躍動を、ジャーナリストの皆さんたちと一緒に伝えていきたい」とコメントした。

ホテル内に特設会場を設けて行われるプロダクトショーでは、本カンファレンスのスポンサーであり、IFA2011に出展を計画しているパナソニック、シャープ、サムスンなどメーカーによる最新製品やサービスの紹介が行われる。プロダクトショーの開場は明日15日が予定されており、本日は駆け足で展示製品の最終調整が行われていた。ショーの模様はまた、明日のレポートで詳しくご紹介したい。

着々と準備が進むプロダクトショーの会場

パナソニックのブースには3Dテレビが


シャープのブース

サムスンのブース

【IFAのイベントに関する問い合わせ先】
メッセ・ベルリン日本代表部
TEL/03-5276-8730