音楽映像配信サービスもスタート

KDDI、全国52局のFMラジオが聴ける「LISMO WAVE」を開始

ファイル・ウェブ編集部
2011年01月25日
KDDI、沖縄セルラーは、音楽ストリーミングサービス「LISMO WAVE」を1月26日午前10時から開始する。

対応機器はAndroidスマートフォンがIS03、REGZA Phone IS04、IS05。au携帯電話がT006。ただしIS03以外はまだ発売されていない。対応機器は順次拡大される予定。

LISMO WAVEサービスは、大きく「ラジオチャンネル」と「音楽映像チャンネル」の2つに分けられる。

「ラジオチャンネル」は3G回線またはWi-Fiを利用し、全国52局の民放FMラジオ放送が全国どこでも楽しめるというもの。月額情報料は315円(税込)だが、同情報料が無料になるキャンペーンを、サービス開始日の1月26日から5月末まで実施する。

サービスの利用イメージ。左からチャンネル一覧画面、再生画面(縦)、再生画面(横)

「音楽映像チャンネル」では、サービス開始当初はKDDI提供のPC向け音楽動画配信サイト「au Exclusive Live」で配信するライブ映像などが視聴できる「LISMO WAVE Channel」を、月額情報料無料で提供する。

さらに音楽映像チャンネルは2011年5月から(株)レーベルゲートと協業し、「音楽ビデオクリップや、こだわりの音楽映像など、充実した3チャンネルを提供」する予定という。このサービスの情報料は有料となる予定。

ラジオチャンネルも音楽映像チャンネルも、現在流れている楽曲の楽曲名・アーティスト名を自動的に表示する「ナウオンエア」が利用可能。またauの音楽サービス「LISMO Music」と連携して楽曲やアーティストの詳細情報を表示し、そこから楽曲を購入することもできる。

機能面では、番組表の閲覧や視聴予約が可能。Android端末では、配信開始5分前に、スマートフォンのステータスバーに「LISMO WAVE」のアイコンを表示したり、EZメールにアラートメールを送る機能も備えている。

なお通信環境が悪い環境でも途切れずに再生を行えるよう、バッファー再生機能も備えている。