コンシューマーからプロ機まで様々な3D対応製品を出展

ソニー、CEATECでの出展内容を発表 - 大型スクリーンで3D中継の実演などを実施

ファイル・ウェブ編集部
2010年10月01日
ソニーは、10月5日から10月9日まで幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2010」での出展内容を明らかにした。

会場では「3D world Created by Sony」をテーマに、3Dコンテンツ制作の現場からリビングルームにいたるまで、ソニーグループが提供する幅広い3D対応商品群とそれを支える技術、そして映画を始めとした3Dコンテンツの新しい楽しみ方を紹介。

メインステージでは技術参考展示として、横幅21.7mの3D対応大型LEDディスプレイを使用。スポーツイベントなどを高品位な3D映像で生中継するパブリックビューイングのオペレーションを実演するなどする。

なお、同社では出展予定機器の詳細も発表。3D対応製品では“BRAVIA”「LX900シリーズ」やフラグシップBDレコーダー「BDZ-AX2000」に加えて、“VAIO”の3D対応モデルも参考展示する。また、“Cyber-shot”や“α”に搭載された3Dスイングパノラマなども紹介するとしている。

関連リンク