「S2000シリーズ」の新モデル

ヤマハ、完全バランス伝送のネットワークオーディオプレーヤー「NP-S2000」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2010年09月09日
ヤマハ(株)は、ネットワークオーディオプレーヤー「NP-S2000」を11月中旬より発売する。価格は208,950円(税込)。

NP-S2000

スピーカーSoavo2などとの組み合わせ

本機はヤマハがピュアオーディオで培った技術を活かしたネットワークオーディオプレーヤー。IFA2010の同社ブースにも登場していた(関連ニュース)。アルミと木材を組み合わせた外観と、型番からも分かるとおり、同社のオーディオコンポーネント「S2000シリーズ」に加わった新モデルとなる。

キーワードは「簡単操作×ヤマハHiFiクオリティ」。DLNA 1.5に準拠し、デジタルメディアプレーヤー(DMP)のほか、デジタルメディアレンダラー(DMR)としても動作する。Windows 7の認証も取得し、Windows Media Player 12からのリモート再生も行える。NASやPC内の音源の試聴はもちろん、インターネットラジオの聴取も可能。

利便性と高音質を兼ね備えることをアピールする

操作面では専用のiPhone/iPod touch向けコントロールアプリ「Network Player controller」を無償で提供する予定であるほか、PC向けのDLNAサーバーソフト「TwonkyMedia server」のライセンスキーも提供。これによりPCに保存されたiTunesライブラリの再生も可能だ。

専用のiPhone/iPod touchアプリを用意

Network Player controllerのインターフェース

また、ウェブブラウザーからの操作にも対応。同一ネットワーク上のNP-S2000を検索し、ブラウザーからの制御を簡単に立ち上げられるソフト「Network Player Search」も用意し、無償ダウンロード提供する予定。

再生対応フォーマットはWAV/FLAC/MP3/AAC/WMA。FLACとWAVは96kHz/24ビットに対応しており、それ以外のフォーマットは44.1kHz/16ビットまで対応している。

内部構成はアナログ電源回路とデジタル電源回路、DACとネットワークCPUボードなどを左右対称に配置するレイアウトを採用している。CD-S2000にも搭載したバーブラウン製DAC「PCM1792A」を左右独立で搭載し、差動方式で駆動。DAC〜出力間は全段完全バランス伝送としている。またアナログ回路用にトロイダルコラトランス、デジタル回路用にはEIコアトランスを使用し、デジタルとアナログを独立させている。

CD-S2000にも採用したバーブラウンのDACを搭載

左右対称コンストラクションを採用している


ツイントランス構成とするなど、音質面への配慮が凝らされている

また接続端子としてRCA端子、XLR端子、光デジタル/同軸デジタル端子各1、イーサネット端子を搭載。同社はプリメインアンプ「A-S2000」とのバランス接続や、手持ちのオーディオコンポーネントを活かしたシステムアップも可能なことをアピールしている。

【問い合わせ先】
ヤマハ(株)
お客様コミュニケーションセンター
オーディオ・ビジュアル機器ご相談窓口
TEL/0570-011-808
TEL/053-460-3409

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドYAMAHA
  • 型番NP-S2000
  • 発売日2010年11月中旬
  • 価格¥208,950(税込)
【SPEC】●イーサネットインターフェース:100Base-TX/10Base-T ●DLNA:バージョン1.5、対応フォーマット…WAV、FLAC、MP3、WMA、AAC、対応ビットレート…16/24bit ●インターネットラジオ対応フォーマット:MP3/WMA ●S/N比:116dB以上(1kHz、0dBfs44.1kHz) ●入力端子:LAN ●音声出力安置:光デジタル1、同軸デジタル1、RCA、XLR ●外形寸法:435W×69H×440Dmm ●質量:12.0kg

関連記事